♦♦♦♦♦♦♦♦♦ 国際結婚で台湾在住、柴犬3匹との台湾生活を綴っています。あっという間に台湾11年。  ♦♦♦♦♦♦♦

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
数年前は毎日こちらで愚痴らせてもらっていた我が姑ピン子ママも、
気が付けば逆にピン子ママに対して私が意見を言うようになったので、
それでバランスが取れたようだ。

前みたいに食卓がシーンとなるような殺伐とした雰囲気は掻き消えてしまって、
ほんわかとした家族ムードが漂っている。

日記の続きはここをクリックしてね
2013.07.18 / Top↑
以前、MRT桃園空港線がもうすぐ出来る事をブログで書いたことがありました。

過去日記: 「台北~桃園空港35分、MRT桃園国際空港線の路線図」2009年6月22日

なんと、あれからもう4年が経過。

日記内に「今は随分と先の話に感じますが、3年、4年という時間は思うよりもあっという間に早く過ぎます。」って自分で書いていましたが、
ほんとにあっと言う間に過ぎてしまいました・・・・

しかし、駅はまだ開通してませんけどね。^^;

(MRTの件で台湾と某商社の確執が取りざたされていましたが、あれは台湾側の誰か様がなんらかの思惑があって予算を引っ張って延期させていたのではないか?と私は思う。

しかし、近場に駅が二つ出来る林口や亀山辺りは、MRT駅を建築しだしたここ2年程で風貌が一気に変わったような気がします。整然されたというか。

ちなみに、我が家から一番近い駅がこちらの林口駅です。

IMG_1770-1.jpg


空港に向かう線路は、ここ海抜250mの林口駅から、山をぐっと見下ろすように桃園方面に向けて下ってゆきます。

とにかく地上から高さがあるので、傍から見ると割と『高っ!!』っとビックリするくらいなのですが、

そのまま長閑な風景の広がる桃園の片田舎に抜けていき空港に繋ぐルートです。

(山へ続くMRT高架の写真は次回にでも)

緑も多いし、晴れている日はMRTから車窓が楽しめるかもしれません。
日記の続きはここをクリックしてね
2013.06.11 / Top↑
皆様ご無沙汰しております。

仕事も落ち着いて、ようやくブログを見返す余裕が出ました。

休止中もブログに訪問してコメントをくださった方々、本当にありがとうございます!

また、ひ~っそり細々とですが、再開したいと思います。

どうぞ宜しくお願いします


台湾滞在9年目に入る私にとって、既に全てが普通になっており(笑)、

フレッシュな台湾ネタは、もうあまり書けそうになく・・・・

台湾での普通の生活を中心としたものになりそうです。

でも、生活を通じて見えてくる身近な台湾を楽しんでいただけたらと思います。^^



まず、ここ一年で我が家で起こった大きな出来事を報告させて頂こうかと思います。



さくら と もみじ



なんと、ミルクがママになりました!!

+2匹増えまして、我が家は柴犬3匹の多頭飼いになりました^^。


上の写真は割と最近のものですが、名前は左から「さくら」と「もみじ」と言います。

名前の由来は、ごっついシンプルで、わが家の庭に紅葉と桜が植えてあるからなんですけどね。^^;

ちなみに左のさくらはママ似。右のもみじはパパ激似です。


IMG_1458.jpg

この左のごっつい柴犬が子犬たちのパパ(ベーコン)で、

祖父は日本でチャンピオンになった柴犬の血を引いているそうですよ。

3年に渡って柴犬つながりでお付き合いをしてきた台湾の年配ご夫婦が飼っている子です。

性格はとっても甘えん坊なんですが、

唯一、オス犬に会うとめっちゃ凶暴化するのが難点かな(汗)

IMG_3242.jpg


これから、繁殖を決心するまでの気持ち、ミルクの出産、授乳期の出来事、パパ犬との確執、台湾での柴犬事情、などなど、写真と共にゆっくり綴って行きたいと思います。


死ぬほど可愛い二匹の子犬時代の写真も載せますので、お楽しみに♪






2013.06.07 / Top↑
とても有難いことだけど、仕事に忙しい日々を送っていて、

ブログの更新をする暇がまったくと言っていいほどなかった。

(メールをくれた方、コメントもずっとお返事できなくて御免なさい!)


さぞかし中国語がうまくなったのかなと思われるだろうが、そうでもない。笑

仕事は日本語が多いので精神的に楽になったはいいけど、+英語も必要なので、

台湾国語のスピーキングが恐ろしいほどに退化した。


逆に中国語の読み書きが上達したのがせめてもの救いだけども、まだまだだ。

それに中国大陸用にピンイン、大陸語(簡体字)や言葉使いを覚えなきゃ・・となった途端、

脳みそからボポモフォ(台湾の発音記号)が逃げ出そうとする。

これこそ、”壊れた引出しスパイラル”・・・

あっち開ければ、こっちは開かない、こっち開ければ、あっちは絶対に開かないってね。


まあ、つまりは、結局今までの努力のすべてが中途半端だったという事だ。


専門分野の学習の必要性から、今年からまた学校に通いだすのだけど、

友人からは、「この年になって人生に前向きなのはいいとして、夫婦仲は大丈夫?」と心配されてしまう。

でもこれこそ人生じゃないかな?(笑)


何かにしがみつくのを辞めただけで、人生がかなり楽になったのは確かだから。


前みたいに46時中家をピッカピカにできないし、毎日旦那にご飯や弁当を作ることも約束できない、

しかも時々家を留守にするし、ミルクの散歩にもなかなかいけない。

でも、夫は私の居ない時や週末など、一緒に家の手入れや掃除をやってくれ、ピン子ママ達の理解も深い。

8年目にして、やっと落ち着いた生活を手に入れたのかもしれない。


そういう意味では、私がこの8年、唯一中途半端ではなく、

しっかり建立できたものは「この家庭生活」だったのだろうな。


でなければ、朝から晩まで仕事して、旦那をほったらかしに海外出張する嫁など、ここまで支持してもらえるはずがないと思っている。


でも、でもやっぱり二人の将来のためとはいえ、やっぱりどこかに罪悪感があるのは否めない。


夫婦や家庭って、ここからが本番なんだよね・・。


8年前、台湾に来たばかりの私は、こんな私の今の生活を想像できただろうか。




2012.03.31 / Top↑
sh19.jpg

最終日は相手先都合で会合がなくなったので、
小籠包って台湾で結構食べてるけどなと思いつつ、
豫園の中にある小籠包を食べに行こうということになりました。

この時点で私は原因不明の腹下しが襲っており、
非常に辛かったのですが、薬でなんとか抑えつつ同行しました。

豫園は観光地なので当たり前ですが、本当に人人人だらけ。
四方八方に人がいて、皆それぞれ好きな方向に歩く・・・・
人の流れの方向性が読めないから気が張って疲れるんですね・・。

一番人がごった返している場所に、老舗である南翔饅頭店がありました。
一階には10元程で売っている小籠包を求め、ものすごい列が出来ていました。

上階にはレストランがあり、同じものでも場所によって値段が変わるそうです。
(それってなにげに凄い。)
とりあえず、奥の鼎興楼というお店に入りました。
日記の続きはここをクリックしてね
2011.09.29 / Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。