♦♦♦♦♦♦♦♦♦ 国際結婚で台湾在住、柴犬3匹との台湾生活を綴っています。あっという間に台湾11年。  ♦♦♦♦♦♦♦

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
昨日の午後、ふと中和市の夫のアマー(祖母)アーコン(祖父)に会いたくなったので、バイクで飛ばして会いに行った。


桃園から中和は50分くらいで到着するのでたまに顔を出している。


バイクに股がるのもすっかり慣れた私、10月この時期は風がとっても気持ちがいい。


この日はアーコンが黒糖好きなのもあって、手作りの黒糖レーズンパンを持参。


アーコンの伝統的な台湾の古びた透天(3階建て文化住宅みたいな)につくと、(同居している)叔父さん家族はどこかにお出かけの様子。家にはアマーとアーコンの二人きりだった。


実はアマーはここ数年身体のお加減が悪くてあまり長く歩けない。なので今日は顔でも観にいこうかと来たわけなのだ。



私 「じゃあ、私パン切って来ますので、台所借りますよー」
爺 「はい、はい、行きなさい^^(日本語)」


アーコンは日本統治時代で育ったので、私は自分の言葉、日本語でそのままアーコンと会話できるのがとても嬉しい。

アーコンは優しいし、傍にいつととても懐かしい何かを私に感じさせてくれる。


でも、たまに「食べなさい」「使いなさい」といい間違える事があって、




「バナナ使いなさい、バナナ使いなさい」 




と何度も復唱された時は思わず食べている物を吹き出した事がある。 苦笑



そんなアーコン家の慣れない台所で食パンをまな板に載せ、包丁でパンを切ろうとすると、自分の斜め前方の窓辺りで何やら動く気配が・・・・・



ん?・・・・・あれ?


なんか・・・・・・虫の触覚だが・・・・?


ん・・?グルグルと動いて・・・・って・・・


これは!!




(ぎええええ!ご、ゴキブリやないか~~い!!


人の家の台所で、大声で「ゴキブリ~~!」なんて騒いだら失礼だと思った私は



心で叫ぶしかない。泣



ゴッキーはきっと下水から登ってきたんだ!この家古いし・・・・。


夫 「どしたの、reachia?」

爺 「ん~~~~?」



ゴッキーを前にアタフタしているとアーコン&夫も心配して台所にやって来たではないか。



私 「あ、アーコン!実はそこにゴキブ・・・・・」

と私が言葉を言い終わるか終わらないうちに、

バッシィィ!!! ヽ(Д´ )ノ


ぬぁんと、アーコン、そのゴッキーを、ぬぁんと、素手で叩いたのだ!

そう、素の手で! 



夫H 「 ヽ(゜ロ゜;)ノ ぉわッ!」

私  「 (゚O゚;) うぎゃっ!」


80過ぎの老人とは思えぬ、その余りの素速さと凄さを前に、何も言えない私であった・・・・。


アーコン、すごいよ・・・・


私には絶対に無理!無理!無理!泣)



その後、ゴッキーを手に持ったアーコンは、字の如くヤツを台所から摘まみ出すことに成功。(苦笑)


そして、そして、更に親指と人差し指でそいつをつまんで潰したのだ!泣)



「プチッ」
                  ohmygod・・・・・



*↑夫が一部始終を見てくれた。


そして次にそいつを地面に思い切り叩きつけた上、最後はアーコンの草履でバシっと踏んだ・・・。


これでほんとにゴッキーは天国へ再見了だ・・・・・



その後アーコンは是でもかと言う程、手をゴシゴシと洗っていました。 ホッ^^;



夫H 「人間年をとるとさ、怖いものが減るんだよね。まあ年も年だから、クスリ持ってゴキブリ追っかけても身体が付いていかないじゃない? だから手っ取り早く手で捕まえた、、というワケだよね。」 


手っ取り早いって・・・^^;そのままじゃん。w


なんとも恐るべしアーコン!! 



でもこんな事があってもやっぱりアーコンが大好きな私です。




にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ
関連記事
2006.10.16 / Top↑
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。