♦♦♦♦♦♦♦♦♦ 国際結婚で台湾在住、柴犬3匹との台湾生活を綴っています。あっという間に台湾11年。  ♦♦♦♦♦♦♦

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
先週末、足と腰の痛みも和らいで来たので気晴らしに桃園駅前まで夫にバイクで連れて行ってもらった。

我が家から駅前まで、バイクでも30分くらいかかる。車では20分くらいかな?

taoyuan4.jpg




火車(鉄道のこと)桃園駅前は、『ゴチャゴチャ』という言葉がとてもよく似あうほど、人と車とバイクとで出店でごった返している。

たとえ喧騒が苦手でも、体が弱っている時こそ「ごった返し」を見に行きたくなるから不思議。

ここは週末にもなると、台北の西門みたいに沢山の若者で賑わうんじゃないかな。
台北・西門は若者の街というようにガイドブックには書いてるけど、実は若者よりもお爺ちゃんの方が多いんだ。

そういえば、たまに出会うのが桃園に来たことのない台湾人の方。

年配の女性とか結構いらっしゃるみたいで、以前行ってた大学の老師にも

「桃園?そんな何もないとこに、よく暮らしてるね!田舎だし山しかないでしょ?台北に住んだらいいのに!」

と言われたことがあるくらい。^^;

台北市崇拝者は大学の老師限らず沢山いるので、気にしていたらきりがないんですけどね。

taoyuan2.jpg


駅前の店はどれも密度が狭いけれど、行列が出来て活気がある。
すれ違うのは高校生や大学生だらけで、同じ年代の女性は少ないのが寂しい。

規模は小さいけど、アーケード的に若者向けの店が並んでいて、ちょっと歩けばローカルな商店が並んでいるので、台湾に慣れた方でも楽しめるんじゃないかな。

taoyuan7.jpg
桃園駅前のIDEE 最上階のバッフェはなかなか

taoyuan3.jpg
つい遠慮してしまうネーミング『乱切』美容室 crazycut

taoyuan6.jpg



台湾はどこでも活気を感じることができる。ぶらぶらしてたら、腰と足の痛みが取れたよ。
もし台北にずいぶん慣れてきたら、興味があれば桃園まで足を運んでみてほしい。
関連記事
2006.09.11 / Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。