♦♦♦♦♦♦♦♦♦ 国際結婚で台湾在住、柴犬3匹との台湾生活を綴っています。あっという間に台湾11年。  ♦♦♦♦♦♦♦

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
pinko1.jpg



姑との仲も以前に比べて良好。今だから書けるそんな話。



女というものは、相手の表情を見ただけで感情まで窺い知る事ができる生き物だと思う。

それも普通の人より敏感な方なら尚の事、嫁姑間で苦労している人は多いだろう。

今でも友人に
「あなたのところ大変ねぇ・・」
と言われるほど個性的な性格を持つ我が姑ピンコママだ、前は私自身の対姑感情コントロールが大変。ノイローゼ寸前でした。

一言にきついと言ってはいても、ピンコに言われた中国語の内容を、私が自分の頭の中で一人で翻訳しているわけなので、結局は自分の気の持ちようなのだけど・・・・。

例えば

ぴ 「妳為什麼常會不舒服、那麼不健康不要讓我會譫心ティヤボー(台語で聴こえてないの?)」

と実際凄い嫌な顔で言われても
 
my脳内で姑が
「もぉ~どうしてあまり健康がすぐれないのかしらねぇ、あんまりママに心配かけないでちょうだいねわかった?」

と、嫁の私が勝手に頭で翻訳すれば話は丸く収まるのです。笑



でも先にも言ったように、女というものは親密度に加えて、口調や表情で相手を探り伺ってしまうもの。時には

「なんで貴方はこんなに体調が悪くてこんなに不健康なのよ!!(オカシイいじゃないの?という顔で)もう心配かけないでよ!わかってんの?!」

と頭に響いてくるから不思議。頭の中のご都合翻訳機も、人によって素晴らしくスイッチが利く人もいるんだろうと思うと、自分の精神的キャパのなさを痛感するのだ。

でも、ここでへこたれてはリッブナン(日本人)嫁の沽券にかかわる。

ほんとにいろんなことをブツブツ言われ続けてたのですが、

世の中には色んな人がいるものだ!と言い聞かせ、毎週末必ず積極的に実家へ行きましたとも~。

その都度、お手伝いを申し出てね。でもなぜか

料理の手伝いをしようとすると

「不用!(いいよ!)」

洗濯物を畳もうとすると

「不用!」

再度申し出ても

「不用!」

お皿を洗いますと言っても

「不用!」

(ちなみに我が家は洗う順番、乾燥機に皿を置く順番や向き、洗い方まで全て姑ピンコ式と決まっている。)

何かお手伝いすることはないですか?

「不用!」

あれれれれ~~~?

悩んでいるうちに旧正月になるとオーストリラリアから義弟夫婦が帰省。バイトしていた私は夫と、仕事先から直接実家へいくが、義妹が台湾語で姑と一緒に盛り上がって料理を作っているのを見て、とても羨ましく見えました。

こういう時は、頭の翻訳機なんて関係なく、それ以前の壁をすごく感じる。
自分から破ろうと思っても、なかなか越えられないものがそこにある。

嫁に来た当初、皆が台湾語で盛り上がって居る時輪に入れない私は一人ポツンとテレビとご飯に夢中にならざるをえなかった。

空回りする日々にどんどん思考もネガティブに。

「なあなあ、こんなん言われるけど、私って嫌われているのかなあ?」

と夫Hに尋ねると決まって

「うちのお母さんはreachiaのことを娘のように思っている。それに自分でなんでもやる人だからほっとけばいい。」

と答える。

でも、何もする事がない長男の嫁って、没有用(使い物にならない)気がしてくる。
夫にそう言われても、当時は私が無能なせいなのか、嫌われていると思い悩む日々。
(今は無理に手伝わない)

周りの日本人も、台湾のお姑さんは嫁に対して色々教えるのが好き、やらせるのが好きだからどんどん手伝ってあげて、と聞いていたこともあって、彼女の行動はどういう意味なのか?とね。

台湾人の友人や同じ国際結婚仲間に相談しても、

「それは貴方が会話が足りないから」
「台湾の母さんはこうこうこうだから、もっとこうしないと」


と言われますが、どうもお互いの家庭が違うのでいい気分がしません・・・。

台湾人・日本人、外国人関係なく、姑も家庭の分千差万別。嫁との距離も考え方も家庭の数だけ違うのであって。

結婚後は、誰でも普通もしくはそれより上を求めるあまり、よそと比べがちになってしまう。

ここで他の家庭と照らし合わせてはいけないのだ。そう、いけないのだ・・・・。

段々と、姑を個人として理解して、私なりに楽しもう!(ブログで愚痴る)するうちに、彼女が私と同じように 「人に指示されるのを嫌い、自分のやり方を貫く人=頑固もの^^;」 という事や、彼女もひょっとしたら外国人嫁に対して、若干まだ戸惑いが残ってるのではないかと気づきました。

台湾でも嫁姑問題は年年増えていて、台湾人同士ならより一層バトルもエキサイト!苦笑

私なんてまだまだいい方!たぶんね。
関連記事
2006.09.27 / Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。