♦♦♦♦♦♦♦♦♦ 国際結婚で台湾在住、柴犬3匹との台湾生活を綴っています。あっという間に台湾11年。  ♦♦♦♦♦♦♦

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
昨日は夫婦で近くの総合病院に行きました。

不妊治療には夫の協力もなければ出来ません。

以前から予約していた病院の窓をたたきます。

日本では時々夫の協力が得にくいと聞くが、うちは全然そんなことなかった。

会社まで有給を取ってくれて協力してくれた。


一階の人で溢れるゴチャゴチャしたロビーから12階にあがって、同じ病院とは思えないほど綺麗で豪華なセンターの待合室。

やっぱ台湾は不妊治療が実費だから儲かるのか・・・・オバチャン的な想像。

こんな産め産め優先、女性の身体が健康にみえる台湾でも、意外と同じ立場のご夫婦が多くて、それぞれ苦労されているんだなあと感じる。

いよいよ私たちの検査結果がでた。


医師は

「お二人の今の状態では自然妊娠の可能性が非常に低いです」

との診断結果を下した。

突然とっても複雑な心境になった。
年齢的にも、状況的にも判断してとりあえず人工授精からの方が・・と勧められた。

医師はあまりにサクサク事を進めようとするので、夫がさえぎったが。


とりあえず できるとこまで頑張ってみよう!と、挑んでみた不妊治療だけども、検査で

いざこういう結果を聞くといくら元気マンの私でもちょっと凹む。

体の経過をみている間に、

どうして そこまでして子供が欲しいのか、

焦って どんどん治療を進めていいのか、

私は、そこまで頑張れるのか

台湾での生活も慣れないことがまだまだあるというのに、

一体どこまで頑張ればいいのだろう、

頭の中がぐちゃぐちゃで

一から改めて考えることになりそうだ。

あーーー 今の自分が、ネガティブで暗くて嫌。

あんまり心の内を曝け出すのもしなかったけど、

今、ちょっと泣きたいんです。
関連記事
2006.08.06 / Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。