♦♦♦♦♦♦♦♦♦ 国際結婚で台湾在住、柴犬3匹との台湾生活を綴っています。あっという間に台湾11年。  ♦♦♦♦♦♦♦

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
只今自分の足がすごい事になってます!(泣) まさに因幡の白兎状態です。^^;


「reachiaの足って大根足だね!」

と、大根がほめ言葉だと思って言ってくる夫Hが

「わあ~今日は 紅蘿蔔(にんじん)足だね!」

に変化しましたよ。苦笑)  これで塩があったら確実に漬物になるね・・・・・

こんな足になったというのも、昨日海水浴に行ってきたからなんですが。



場所は、台北県淡水から、更に北上した石門郷という地区にある白砂湾(bai2sha1wan1)というビーチ。

beach01.jpg beach02.jpg


ここに来るまでは、台北県の海のイメージを(都会の近くという事もあって)砂浜にゴミだらけ、サーフィンも出来ないのでは?と思っていましたが、と~ころがどっこい!

白砂湾はビーチも綺麗で、しかも海は青いからまるで南国の島!(あ、その通りですね)

道路も海も整備・管理されており、海上では原住民の男性が常に監視しています。

遊泳安全区域も、日本よりずっ~と狭かったので、多少芋の子状態だったのですが、台湾の海は時折荒くなるので、昔は頻繁に事故があったらしく、それ以来監視も厳しくなったらしいです。

せまい遊泳安全区域には多少の不満もありますが、あれだけ管理されていたらここで遊んでいる子供の親も安心だろう。


「白砂」という名前だけあって、泳いでいる海の下も綺麗な砂しかありませんでした。
足の裏がとっても気持ちよかった♪

beach03.jpg beach04.jpg


ビーチを見わたしてみるとビキニ姿もちらほら。
台湾の女子は恥ずかしがってビキニを着ない!と言っていたのももう昔のこと、ビーチにはワンピース水着を着ている女性は殆どいませんでした。(実は私も^^;)

一番多かったのは、水着を着ずにTシャツに短パンという井手達で、男子と遊ぶというパターン。

Tシャツ短パン女子の中には、水着を着たほうが絶対に格好いいのに!と思うスタイル抜群の女性も多かったので勿体無いなぁ!

台湾も数年のうち日本のように、悩殺ビキニだらけになったりして。^^;


私達夫婦は200元を支払って管理員の男性から屋根つきのブースを借りることにした。

beach05.jpg


これで日をよけながら休憩できます。

改めてビーチを見渡すとやはりカップルが多いこと!ほとんどのカップルで見られたのは、彼氏が愛する彼女に海辺でポーズをさせて、一生懸命カメラに収めていたこと。(笑)さすが結婚写真のある台湾らしい。

ペット連れで来ている人も多く、老若男女プラスペットが一緒に水遊びを楽しんでいました。


ここに来る前に安全のため、大人の癖に浮き輪と水着(夫H)を買ったのですが、浮き輪(大)が200元、水着が(アロハ柄だけどほとんど布!w)150元という安さ。^^;

サーファーのお店もあるし、ビーチサンダルも沢山あったので、品質云々、ここにきてから全部揃えることも可能でしょうね。


午前中海で遊んだあとは、ビーチを離れて白砂湾が一望できる近くのカフェで食事をしました。

beach06.jpg  beach07.jpg



ビーチ&オーシャンヴューのレストラン「TOMATO」  石門郷徳茂村八甲路1-9-1 2F 


ランチセットはまあまあなお味でしたが、飲み物とデザートアイスは暑かったからかとっても美味しい。
夕日も見えるこの海辺のシチュエーションと海の家的な雰囲気はバツグン。

beach08.jpg




この店の店長と話をしたのだが、海外旅行が大好きで、夫婦でいろんな国に旅行に行ってるらしい。

カナダ イタリア タイ オーストラリア ホンコン ピピ島etc・・・・

可愛い店内にたくさんの海外旅行の写真が貼ってあった。 どれもこれもが仲むつまじい。

夫 「いっぱい働いてお金持ちになるよりも、こうやって趣味の店で働いて、好きなときに休んで旅行にいく人生もいいねえ」

うん、それもいいかもしれない。

beach09.jpg


ビーチにはサーファーっぽい人もいたので、店長にこの辺はサーフィンもできるのか聞くと、

夏場の白砂湾はが低くて、管理人の規制も厳しいからサーフィンするには向いていないらしい。しかし、冬場になるとサーファーが結構集まってくる、でも北部一番のサーフィンスポットはここではなく、もう少し東側、翡翠湾の海水浴場あたりが一番多いと言っていた。

の影響も出やすいみたいだが、台湾の海は一筋縄ではいかないぞ。

beach12.jpg



足はヒリヒリ、体もひどく熱っぽい、けれど台湾の綺麗な海とビーチが見れたことで、肌の痛みも夫への感謝に変わったのだ。




関連記事
2006.06.26 / Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。