♦♦♦♦♦♦♦♦♦ 国際結婚で台湾在住、柴犬3匹との台湾生活を綴っています。あっという間に台湾11年。  ♦♦♦♦♦♦♦

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
最近評判になっている台湾の観光ムービー。
今はアメリカの一部テレビ局で放映されていますが、
8月に全米のテレビ局で無料公開するようです。

日本人の観光客、アメリカ人家族等、台湾を訪れた外国人の目線で撮られています。
素敵な仕上がりですよ^^~!



0728.jpg
台湾観光ムービー~Time for Taiwan - *画面クリックでyoutubeの動画にジャンプします

* ↴ こちらは短縮バージョン




BGMは台湾原住民、台湾東部・魯凱族のトラディショナルソングです。
しびれますね!


台湾は日本語が通じる、英語が通じる、だから大丈夫、
こんな風に思っている方が少なくないと思いますが、
ただ、貴方の国の言葉を理解しようと努力してくれているのだと思います。
通じないからと言って決して不快に思わないで下さい。

もし日本で外国人にわからない言葉で喋られても、笑顔で対応できますか?
なんとかしようと走りまわれますか?

昔、学校で日本の友人が、台湾のあるご家族に心底お世話になったことがありました。
どうしてそこまでしていただけるのかという程。
もちろんこちらで初めて出会った方々です。

「帰国してさ、もし日本で台湾人や外国人に会った時に同じことが(お返しが)出来る?」

自分が素直に感じたことを彼女にそう聞きました。

「うーん、出来ないと思う・・・」

したくない訳じゃないけれど、何となく出来ないかもしれないと感じてしまうんでしょう。
若いなら、良いことをするのに恥ずかしいとかね。

或いは印象悪な事には簡単に拒絶や凶弾でのお返しが出来るのに、
善意の意になると感謝したいのに何も出来ず戸惑ってしまう、
人間ってよくこういう心理状態に陥ってしまうような気がします。

別に台湾人じゃなくても、街で出会った困っている誰かがいたら声をかけるだけでもいいじゃないかな。
特に外国で一声かけてもらうだけで、その国の印象はガラリと変わるものです。

7年前だったか、オーストラリアでの旅行で感じの悪い接客に遭い、
豪州ってなあ・・と橋の上で撮影しながらを歩いていると初老の白人女性に声をかけられました。

「あら、こんばんは、貴方達は旅行で来てるの?」

突然上品で優しそうな女性に声をかけられたもので戸惑いましたが、
ハネムーン、それも国際結婚で台湾と日本から来たんですと話すと

「素晴らしいわ!二人で記念写真撮ってないんじゃない?良かったら手伝いましょうか」

そう言って、橋で撮ってもらった写真は夜間モードだったのでブレブレでしたが、
なんだかその旅行が楽しくなって、今でもその写真は記念として持っています。

昔「ペイ・フォワード」って映画がありましたね。
厚意を受けたら別の誰かに返していこうって。

私は台湾で普通に生活しているわけですから、もちろん嫌な出来事にも遭います。
でも台湾でお世話になったり有難いと思った事が格段に多いのです。

私も最近では京都等の観光地に行くと、
ついつい困っている旅行者に声をかけてしまいます。

私も台湾風のお節介になっているのかもしれませんね。
でも今の日本にはその繋がりが必要な気がしています。

台湾での旅行で暖かな出会いがあった方、これから楽しみな旅行をされる方、
帰国した後は、その優しいお節介を振りまいてみませんか。



関連記事
2011.07.29 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://realworldtaiwan.blog45.fc2.com/tb.php/675-33230153
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。