♦♦♦♦♦♦♦♦♦ 国際結婚で台湾在住、柴犬3匹との台湾生活を綴っています。あっという間に台湾11年。  ♦♦♦♦♦♦♦

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
s007-1.jpg


ピンコママから、

「これ、凄く美味しいって!貴方は日本人だから口に合うんじゃない!?」

と頂いた台湾は花蓮県のお米「御皇米」

台湾東部といえば、お米の産地です。
あちらには暫く行ってないからか、最近無性に行きたい花蓮。
花蓮で泊まった民宿のご飯、シンプルな炊き方だけど、ツヤツヤでとても美味しかったの。
地震多発地帯でもあるんだけどね・・・。

台湾の米って、日本に負けじと種類が多く、自分もまだ全部食べきれていません。

美味しいなと思うと何ヶ月か同じものをリピートし、
飽きる頃にまた新たな米を探し・・・・。
そんなで、これ!というときはついつい米は花蓮や台東産を選んでしまいます。

花蓮は国家公園、自然や原住民文化の他に(原住民との歴史的背景はここではあえて言及しない上で)
統治時代の軌跡が台湾文化と共生し残る場所でもあり・・・

統治時代の米といえば、その当時の天皇に献上していたという、
花蓮県吉安郷の吉野庄野で作米されていた米を農家全力で再現した「吉野一号」が有名です。

改良しているので当時とまったく同じものではないだろうけど、
昔であっても御用達のお米を食べる機会に恵まれるのは有難いですね。

この御皇米も美味しかったです。有機も多くあるらしいです。
当たり前だけど、これらはそこらのスーパーでは売られておらず(タブン)
輸入スーパー並びにネット販売で手に入るかなと。

米を愛する日本人としては、
お米も大事だけど、炊飯器の質にもかなり左右されますね。

二年前に日本から買って帰った割といい炊飯器があるんですが、
最初はとても美味しく感じたのに、毎日食べていると感覚がマヒして、
だんだんと「もっと美味しく炊ける炊飯器がほしい・・」となってしまってます。
人間はまずいものは慣れないのに、おいしいものには慣れるのが早い。

前に日本で試食した最高級炊飯器の御飯があまりに美味しくて忘れられないものの、
さすがに庶民は炊飯器に10万円は出せないでしょって・・・・。

こうなると、シンプルライフに戻って、土鍋や飯盒で中パッパで炊いたほうがいいか?と思います。
電気も節約できるし。笑)

それにしても、台湾も最近地震が多いんですよね。(月に1~2回は揺れてるぞ)
なんとなく、電気に頼らない、昔ながらの御飯の炊き方、
今のうちに習っておいたほうがいいかなと思うこの頃です。
関連記事
2011.07.21 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://realworldtaiwan.blog45.fc2.com/tb.php/671-dc29813c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。