♦♦♦♦♦♦♦♦♦ 国際結婚で台湾在住、柴犬3匹との台湾生活を綴っています。あっという間に台湾11年。  ♦♦♦♦♦♦♦

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
今日はずっと雨が降っているので家でブログ更新です。

先日の暴行事件ですが、
犯行に及んだ男は、前にも類似した手口で女性に接触しようとした事実が判明し、
前科があったことが明らかになりました。

更には5万元で犯人を釈放した裁判官も、
実は以前も、婦女暴行事件で今回のように強姦犯を釈放し問題になっており、
司法の信頼性と裁判官の中立性を疑う大論争に発展しているようです。


数ヶ月に一度、交流協会から台湾の治安状況が送られて来るのですが、

--------------------------------------------------------------------------
 治安情勢及び一般犯罪の傾向
(日本交流協会サイトから)

  2011年1月から3月までの刑法犯認知件数

         認知件数          検挙率
    総数   93,018件 83.74%
    殺人     165件 101.21%
    強盗    191件  92.15%
    強姦    402件    90.80%
                    (出所:内政部警政署) 

  前年同時期(2010年1月~3月)の刑法犯認知件数

    総数  4,594件減 (2010年 97,612件)
    殺人     37件減 (2010年    202件)
    強盗     60件減 (2010年    251件)
    強姦     43件増 (2010年    359件)


*日本国内の治安状況が知りたい方はこちら(平成22年分のみ)→警察庁・統計頁
来日外国人(米軍及び永住権取得者を除く)の検挙率もあります。

------------------------------------------------------------------------------

これを見ると、強姦件数だけが年初三ヶ月で前年同時期に比べて約12%増加してます。

検挙率が比較的良くとも、法を仕切る裁判官に今回みたいな輩が当たったら意味ないけど・・。

イギリス、アメリカはNY・LAなど、各国の都市でも強姦犯罪がぐんと増加傾向にあると聞きました。
アジアで一番多いのは韓国だと聞きますが、日本の統計も一通り見てみたら逆に減少傾向だとか。
もしかすると泣き寝入りも多いのではない?と感じますが。

地位の高い方とか、業界で名のある職業の人から、身近な友人等、
半ばレイプ同然の関係って意外にあると言いますけど
そういうのを入れるととんでもない数になったりね。

強姦系のアニメやゲームが原因で拡大させている?

よくこういう論議がありますが、私はそれが直接原因ではないと思います。
世の中には「必要悪」というのもあり、
「それ」と心のバランスをうまくとって、社会で生きている方も少なくありません。
通常の人間がもつ理性は、そこまで脆いものではないと考えます。

ただ、犯罪を繰り返す人間は、何かしら別の理由原因で心に歪みを持ち、
普段見ている何かがトリガーとなって一気に・・はありそうです。
それがアニメかゲームか、精神的な抑圧かはわかりませんが・・。

私はアラフォー・オバ世代、心配はしないでいいやと言うとそうでもないようです。

昔50代女性が、夕暮れまだ明るい時分に散歩中、暴行被害を受けたケースがありました。

これが当時の新聞記事に載っていたのは、
女性が自宅に帰宅後、慰めてくれると思っていた夫からも「汚い・寄るな」と罵られ、
二重のショックで被害女性が自殺してしまったからなのです。
夫も酷いですが、加害者の若い男性は早くに社会に出ていることでしょう。

性犯罪やセクハラをして今も自覚なく脳能と生活してるのはおかしい、と思ったりしますが、
最後に私の身近で起きた「因果応報」的な話を一つ。

昔、20才の頃、実家の近所にあった内科医院ですが、
院長先生はハンプティダンプティ白木みのるを足した風貌で、
薄眼の奥が異様に真っ黒に見えて、愛想がいいのが逆に気持ち悪かったのです。
でも院長先生の奥様が良い方で、家族でお世話になっていました。

でも、ある時を境に、院長先生が診察室でやたら私を食事に誘ってきたり、
乳がんの検査ですから!といっては毎回しつこく胸を触ろうとして来るようになりました。
その頃になると看護師も先生を嫌な目で見ているのが分かり、
「あの病院もう行かないから」
そう言っても、超鈍感な母は事を全く理解せず・・。
でも小学低学年の妹まで先生を嫌がっていることが判明し、
子供は怖がって言わないけど、恐らく先生に何か嫌な事をされたと察知しました。
他の女性患者達の間でも「あの先生が触ってくる」と噂になっていたので、
妹も私も通うのをやめました。

その二年後、突然その診療所が閉鎖。

聞けば、そのセクハラ院長、ゴルフ帰りに暴力団系の車にオカマほってしまい、
チンピラから半ば嫌がらせの治療費の取立てが酷く、更にその時の事故が原因で、
身体にマヒが残り、診察できない身体になって閉鎖したそうです。

人の念、そして見てる人は見ていたという事だと思いますが、
この手の話、結構ありますね。
でもそれを待っているだけじゃ被害にあった人は救われませんが・・。

節電で暑い事もあって、これからは一層薄着になることと思います。
女性の皆さん共に気をつけましょう。
関連記事
2011.07.16 / Top↑
TrackBackURL
→http://realworldtaiwan.blog45.fc2.com/tb.php/668-26cafd2b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。