♦♦♦♦♦♦♦♦♦ 国際結婚で台湾在住、柴犬3匹との台湾生活を綴っています。あっという間に台湾11年。  ♦♦♦♦♦♦♦

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
長文ですが・・・
被害者にどうしても焦点があたるので、あまり詳しく書くのはどうかと思ったのですが、

最近、タクシーに乗った日本人女性が暴行を受ける事件がありました。

被害者がMRTで交際相手のいる新北市に向かったものの、
慣れない土地で迷子になり困っていた所、タクシー運転手・謝東憲が彼女に目をつけ、
懸命に一緒に交際相手のの家を探すふりをして、山中に連れ込み、
後部座席に乗り込んで女性に性的暴行を加えたというものです。

その後、コンビニエンスストアの前で彼女を放置し、
泣いていた彼女を不審に思った店員が警察に通報し発覚しました。

しかし、捕らえられた謝容疑者40代は、僅か5万元で釈放され、
更に、謝容疑者は「我跟她是一夜情!(彼女と一夜の遊びをした)」とマスコミに返答。
しかし被害女性には暴行を加えられた際の傷も残っており、
謝を放免にした板橋地院法官(裁判官)が世論の猛反撃に遭い、
これらの対応に交際相手やその家族は激怒し、「台湾人の恥だ!」と国民総出で怒っています。

被害女性はただ道に迷って困っていただけ。
それなのに被害に遭い、更にマスコミの集中報道にも遭っている。

こういう時、女性が責める人がいますが、
身近な人や自らが危険な目に遭ったことが無ければ想像しにくいのかもしれません。
中には乱暴されて抵抗され殺されるケースもあるのです。(台湾で過去にありました)
過去には、日本で同じような被害にあって殺された台湾人女性もいました。

「台湾人は優しい」というのが日本人の中で定着していますが、
でも、皆が皆、本当の優しさを持っているかといったらそうじゃない。
確かに個人で定着している台湾の良さが、マスコミを通じて広がっていますが、
日本人だって、皆が皆、台湾人が言うように凄くないし真面目で仕事熱心でもありません。
このように「優しさ・人情」を逆手にとる不届きな者もいるわけです。
特に女性は気をつけてください。

私も8年前だったか、初めての観光来台で、
マッサージ店で、明らかにおかしな所謂セクハラの被害に遭いました。
場所は天母、結構大きなマッサージ店でした。

結婚前の旦那が外で待っていたので訴えましたが、
「でも実際に見てないから」と弱気で抗議すらしてもらえず、
悔しくて、すぐに日本に帰らなきゃいけないし、この件で揉めて
「台湾には二度と来ない!!」と思ったものです。
台湾に住むようになって、単独でその店に文句をいいに乗り込みましたが、
その男性は既にいませんでした。
日本でも散々怖い目に遭いましたが、言葉が通じないというのは余計に怖くなります。

話がタクシーから逸れてしまいましたが、
炎天下、タクシーに乗らなければ身体が辛い時、夜どうしても乗らないと目的地にいけない・・・
そのような時の注意点が交流協会(日本大使館のようなもの)からメールされていましたので
ご参考にしてください。

 1 信頼できる安全なタクシーの見分け方

 ○ 汚れがひどい、車体にキズが多いタクシーは避け、きれいな車体のタクシーを選ぶ。
 ○ 台湾のタクシーは、後部の窓ガラス及び車体の横に車のナンバーが表示されているので、
   この表示のない車及び表示の文字が小さい車は避けた方が安全。
 ○ 車内前部に運転者登録証が乗客に見えるように置かれているので  乗車時に必ず確認
   するようにし、これがなかったり写真が違ったり  する場合も乗車を避けること。
   乗車時には必ず確認すること。
 ○ 車窓に不透明のフィルムが貼ってあるなど、車内が外から見えにくいタクシーは乗車を
   避けるようにする。
 ○ 運転手が酒臭かったり、服装が乱れているような場合は乗車を避けるようにする。

 2 タクシー利用時のポイント

 ○ 女性一人でのタクシー利用はなるべく避けること。特に夜間は危険。
 ○ 男性の場合でも例えば深夜に一人で郊外へ行くような場合タクシーの利用は避けること。
   深夜に乗る必要があり、不安を感じる場合は、最寄りの警察派出所に赴き、タクシー
   を呼んでもらう
。 
 ○ 中国語が不得意な方は、行き先を運転手に伝える際に、紙に住所等を書いて示すか、
   中国語が得意な方にお願いして電話越しで伝えるようにする。
 ○ 運転の乱暴なタクシーや故意に遠回りするようなタクシーに乗車した場合は、面倒でも
   その場で料金を払って降車し、別のタクシーに乗り換えるほうが賢明。無用な口論は避けること。
 ○ 料金が高過ぎると感じた場合、或いは故意に遠回りされた場合などは、タクシーの運転手名や
   車両ナンバー等をメモしておき、降車後、直ちに警察に通報する。



女性のドライバーも随分見かけるようになりました。優しく信頼できるタクシーの運転手もいるので、
感じの良い信頼できる運転手さんに出会った時、名刺や会社の電話番号を留めておくのもいいですね。


このような一方的に受けた心の傷はなかなか治りません。
婦女暴行犯は比較的再犯確立が高いことが知られています。
日本でもどれだけの人が泣き寝入りしているか・・・。
もし自分の娘や家族が同じ目にあっても冷静でいられるのか、
裁判官は5万元やそこらの保釈金で許すんでしょうか。
婦女暴行には極刑の前例を作らないと行けないと思います。

関連記事
2011.07.15 / Top↑
TrackBackURL
→http://realworldtaiwan.blog45.fc2.com/tb.php/666-accd3359
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。