♦♦♦♦♦♦♦♦♦ 国際結婚で台湾在住、柴犬3匹との台湾生活を綴っています。あっという間に台湾11年。  ♦♦♦♦♦♦♦

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
昨日、虫歯の治療がようやく終わりました。

虫歯の隣にある、随分前に入れた年季もののセラミック歯に、
ちょっとやっかいな炎症問題が発生したので、
その虫歯にも特別時間を掛けてもらいました。

日本に帰って歯を入れてくれた友人に再診してもらうべきでしたが、
わざわざ歯医者くらいで日本に帰国するのは勿体無いし、
台湾の担当の先生もきっちり治療してくれますしね。

でも、歳のせいか虫歯の進行具合も早く、炎症予防の殺菌洗浄で
なんだかんだ一本で一ヶ月以上もかかりました。
長い間口を開けているのも辛いし、
大人になってもあの麻酔注射がどうも苦手です。

過去、一番のトラウマだったのは、22才の時、某国立大学の歯学部で
普通では手に負えない親知らずの歯を抜いた時。

まあ、痛かった、長かった、怖かった。医師も若くて・・・。

結果的に左の顎の骨格まで変わってしまったので、
親知らずと聞くだけでビビっているのですが
最近また親知らずが生えてきました。

中文で「智齒」といいますが、
この年でまた生えるなんてねえ・・・歯ってほんとわかりません。


今回の治療は担当の歯科医師が夫の昔の同級生ということで、
費用も安く、毎回リラックスして治療に挑んでいましたが、
旦那の知り合いに口腔を隅々観察されるってのもなんだか恥ずかしいです。
まあ、産婦人科でなくてまだ良かったですが。(´Д`)

炎症や親知らず、歯の治療とはこれから長い付き合いになりそうなので、
これから牙間刷(歯間ブラシ)と牙線(フロス)等を併用して、
口腔ケアをきっちりしていかねばなりません。
老人になっても歯が綺麗っていいなと感じます。たとえ偽歯でもね!

ちなみに台湾では国民健康保険に相当する全民健康保険があるので、
毎回保険が効く範囲で、私の行っている歯科では100元~程度の出費でした。

保険カードを忘れると、+500元~(台北は知らない)ほど上乗せして掛かりますが、
7日以内に再度保険カードを持って行くと差額分が戻って来ます。
もちろんセラミックなど保険外のものは別途費用がかかりますが、
それでも日本よりはまだ比較的安いようですよ。

アメリカに住む知人がこの前大きな手術をしたのですが、
それにかかった医療費を聞いて、目が飛び出るほど驚きました。

積○レベルの家が一件建ってしまう価格でした。冗談抜きで。

日本、それこそ台湾は医療費が安くて幸せなんだなと感じたこの頃です。
関連記事
2011.07.14 / Top↑
TrackBackURL
→http://realworldtaiwan.blog45.fc2.com/tb.php/662-abe1c636
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。