♦♦♦♦♦♦♦♦♦ 国際結婚で台湾在住、柴犬3匹との台湾生活を綴っています。あっという間に台湾11年。  ♦♦♦♦♦♦♦

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
午前とはいえ暑い日差しの中、伯父さんたちとお墓参りの後は、天母にある伯父さんの家に一旦戻って休憩する事になりました。

現在の時間は午前10時30分。(お墓参りの時間までも占いで決める為早朝からしていたのだ)

 
居間で座っていると、ず~~っと寝ていたらしい大嫂(以下:大伯母)もやっと起きてきたようです。

大叔母は外見は体が小さくて、ピンコママと同じくらい体が細くみえます。

高齢なのにタバコとマージャンが大好きなせいか、声だけは黒門市場のエビ売りのよう。^^;



私はかれこれ台湾に嫁に来て二年以上経ちますが、この大伯母と会った事は一度もありません。

私の舅は両親を早くに亡くしているので、兄弟達にとっては、兄の嫁=大嫂である大叔母が親代わり或は一番発言権がある偉い立場になるようです。しかしその大嫂文化もちょっと行き過ぎるとトンでもないことになるのです。


あれは私達の結婚式の数日前のこと。

義父が自分の兄弟である一番上の兄(伯父さん)に電話で、自分の息子の結婚披露宴に招待しました。 電話をした時に、ちょうど伯父さんが電話口に出たので、自分の兄である伯父さんに結婚披露宴の日時を伝えました。

しかし、叔父の妻であり、大嫂・大叔母が後でそのことを聞くなり

伯母 「なんで私に一番に報告しないのよ!! だったら結婚式にはでないからね!」


とわがまま極まりない怒りをぶちまけたらしく、結局伯父さん一人だけの出席となりました。
(この伯父さん、義父に似てとっても優しいのだ)

聞けば夫の弟の披露宴でも、大叔母さん一人だけが来なかったらしい。
既に結婚して6年になるっていう、義妹はまだ一度もこの伯母さんに会った事がないと言う。^^;

(更には自分の孫の婚約式にも出てこない程だから、よっぽど皆と仲が悪いのだろう 汗)



出かける前ピンコママからそんな話を聞いていたので、すでに心の準備は出来ていました。
(大丈夫、私はあのピンコとさえうまくやっているじゃないか。)

義父が私を伯母さんに紹介しようと、他の叔父さん達と一方的にしゃべっている伯母さんの元へ連れて行きました。


義父 「大嫂!これが長男の日本人の嫁、reachiaです!」

他の叔父さん達との話をちょっとだけ中断し、顔だけこちらに振り向いて、私ではなく義父の顔を見る伯母さん。

R 「(精一杯のつくり笑顔で)にぃハオ~・・・・。^^;;」

伯母さんが ニコッと微笑んだと思ったら、何も会話せず、また叔父さん達の方を向いて話し出した。


あ?人が初対面の挨拶しているのに、それだけかい? 汗


たった一秒で終わった紹介に、私を連れた義父がなんともバツの悪い困った顔をして私を見た。

(パパ、私は理解してるから、気にすんなって~~~)


暫くすると、あの伯母さんが体制を変えてこちらにやってきた。
台湾語を使って皆と大きな声で話を始めたのですが、なんとなーくそれが誰かの悪口のように聞こえるなあと思ったら、案の定ピンコママの悪口であった。汗


伯母 「あんたの嫁って、何でも口出してくるしさあ、することもいちいち細かすぎる!綺麗好きかなんかしらんけどウルサイのよ!フン笑わせるよ!!」 (by 夫H通訳)

うわー、こんなに大勢の前で人の嫁の悪口言うか~~~。^^;

自分も愚痴っているが、やはり勝手なもんで、他人に姑の悪口を言われるとやっぱりムカつくのだ。

伯母さんは横にいた息子の嫁に、人差し指とアゴを使い客人にお茶を出すように指示し、自分はのうのうとタバコに火を付ける・・・・・・・。


こ、これが台湾の典型的な昔の大嫂か!

もう誰もこの人に逆らわないし(諦めてる)、口答えする人もいない感じだ。


そこでその伯母さん、私達に歩み寄って、夫と台湾語で一言二言話を交わすと、自分の部屋へとスッっと消えていったのだ。


暫くすると、なにやら見覚えの有る箱を持って戻ってきた。

その箱、よく見ると表面に

「パブロンゴール○」「バブ○ンS」 とあった。 (汗)


薬のようだ・・・・。大体何をいいたいのか判ってきたぞ^^;。

伯母 「これ台湾で400元もしたんだよ~~。」


私達に中の日本語の説明書を開けて見せる伯母さんの意図は既に理解できた。


伯母 「あんた今年日本に帰る予定ある?あのさ、これもう一つほしいんだけど。」



どこの世界に、結婚式にも出なかったくせに、まともに挨拶さえもした事もない人に対し、イキナリ薬を買いに日本に行かせる失礼な人がいるんだろうか?o(-_-;*)


あ、ここにいたわ・・・ヾ(~∇~;)。



R 「え?それって日本と大体同じ値段ですよ。或いは日本の方がちょっと値段が高いですよ!」

と攻防戦を張ってみたけど、義父が素早くご機嫌とり。

義父 「ああ、、夏に。今年の夏日本に帰るよね?(と促す父)今年そのついでに買わせますから~」

と言っちゃったよ、>< あ~ぁ言っちゃった!

夫が勇気を持って断ろうとしたのにっ。


帰りはパブロン効果か、 滅多にお見送りをしない伯母さんが嫁とともに私達を外まで見送ってくれた。

このまま居続けたら、あの伯母さんに薬以外にあれもこれも。。。と催促されそうなので車のエンジンを付けたときはやった!これで帰れる!とどれだけホッとしたか。



無事、実家に到着後のピンコママの第一声が

ぴ 「伯母さんには 会えたの?」

だった。どうやら彼女と会える事自体が奇跡らしい。^ ^;


しかしそこで、言わなくてもいいのに夫Hが

夫 「伯母さんがね、ママの悪口をカクカクシカジカ~って言ってたよ。」

と告げ口したので、ピンコママの機嫌が一気に悪くなった。

義父も、

「なんでわざわざママに言うんだ!」と非常に焦っていた。


ぴ 「ふん、相変わらず心が狭いね、本当に心の狭い人だね!」


この二人、私から見ればなんとなく性格が似ているように見えるが、人に指示されることが嫌いで、コントロールしたいという似たもの同士だからこそ合わないんだろうな。

この先 仲がよくなる事はありえないようだ。 ^ ^;


巻き込まれないように気をつけよっと!
関連記事
2006.04.19 / Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。