♦♦♦♦♦♦♦♦♦ 国際結婚で台湾在住、柴犬3匹との台湾生活を綴っています。あっという間に台湾11年。  ♦♦♦♦♦♦♦

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
taiwanjam.jpg


台湾はフルーツの国。

なのでクチコミやネットで広まる美味しいジャムも色々あるんですが
以前ふと寄った台北の有機食材ブースでも美味しいジャムを見つけました。

東区の巷子(路地)で週に一度開催されている小さな有機食材マーケットなのですが、
手作りの有機豆腐や豆花、野菜、コメ、
そしてこの手作りの台湾ジャムが売られていて、
味見した際にそのジャムの美味しさに即効で買ってしまったものです。
(マーケット日本語不可)

製造会社は「RED ON TREE-在叢紅(サイトはこちら)」という、変わった漢字の会社名です。

在叢紅では、台湾の季節に応じたフルーツを組み合わせたジャムを手作り製造しているそうです。
果物の生産量や種類によるために、お値段はバラバラですが、一つ280~300元前後。
割といいお値段なのですが、そのジャムのウマさにはびっくり!

どれも生まれて初めて味わったような味で、
そのジューシーさはかなりのものです。果肉も入っています。

私が購入したのは、

「彰化県のグアバ&屏東県パッションフルーツ」「パイナップル&マンゴー(共に屏東県)」
そして「宜蘭県の茂谷柑(オレンジと蜜柑の中間のような味)」の三つ。

この果物の独特の組み合わせが絶妙な味を出しているんですねえ。

3つ購入することで少し安くしてくれました。^^

普通にパンに付けてもいいのですが、それだけでは勿体無い。
ヨーグルトやケーキ、その他の料理などにも広く使えること間違い無し!です。


丁度ピンコママのお友達から頂いた軟骨付きの豚肉が(こういう肉をもらうのも台湾ならでは)
冷凍庫にドデンと長い間置いてあったので、
宜蘭県の茂谷柑ジャムを使って、豚肉のマーマレード煮込み風にしてみました。


nankotubutaniku.jpg



台湾の果物は甘く、ジャムの味付けも割と甘め設定なので、
ウィルキン&サンズの無糖マーマレードジャムと合わせて使うことで
甘さを少し控えめにしてみました。

ウィルキン&サンズの無糖マーマレードジャムは、
有名らしいので試しに買ってみたんですが、
買ってすぐに失敗した~と思ったほど私には苦味が強く感じたジャム。
でもこんな風に料理に使えば良かったのですね。^^;

ガーリック、塩コショウを摺りこんでおいておいた豚肉をフライパンで焼き、
隠し味に醤油を少し、最後にジャムを加えて15~20分煮こむだけ・・・

一風手が込んでそうだけど簡単!な料理です。

このジャム、用途は広いし、これから日本に帰郷する際のお土産に重宝しそうですよ。

関連記事
2011.07.09 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://realworldtaiwan.blog45.fc2.com/tb.php/659-319ce962
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。