♦♦♦♦♦♦♦♦♦ 国際結婚で台湾在住、柴犬3匹との台湾生活を綴っています。あっという間に台湾11年。  ♦♦♦♦♦♦♦

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
DSC_3283.jpg


日本では節電でみんなが色々と大変。
電車も冷房の効きが悪いため余計に通勤が疲れるみたいですね。。。

うちの実家からもこの前電話が入り、
「マンションの自治会が節電節電とうるさいから、
 家中クーラー使ってないし、この夏は家に帰って来ないでね。」
と言われたばかり。(苦笑)

自治会でチェックかあ。そのうち「駐禁チェック隊」のように
「節電チェック隊」まで現れたりしてね・・・。
節電もほどほどに、熱中症には十分に気をつけて欲しいです。

台湾は連日35°前後の暑さがディフォルトですが、
日陰に入ってしまえば風があるので割と過ごせるような気がします。
(単なる暑さ慣れ?)

うちも暫く冷房をつけずに頑張っていたんですが、
この前35度の室温になった時はさすがに冷房のスイッチに手が伸びました。(;´Д`)

ただし冷房は日中の2時間のみ。夜は非常に涼しくなるので冷房は無し。

でも去年はそれでも夫が
「まだ暑い!まだ暑い!暑いのはイライラする!」
と怒って即効で冷房を付けていたのでよく喧嘩になりましたわ。

そんな昨日、気になる4月下旬~6月下旬にかけての夏の電気代通知表が届きました。
台湾は二ヶ月換算です。

以前の日記でも触れています→「夏の電気代」


冒頭の画像がそうなのですが、示されている数字はCO2の排出量。
日本よりも高い設定になっているのは、計算方法が違うからかな?

期間電気使用量CO2排出量の計算方法はこちら(注:中文)

台湾は夏期に入ると(正確には6/1~9/1)電気代が値上がりします。
平均して150元程度の値上がりらしいですが、
いつも電気代が数千元超えてしまうとあまり関係ありませんね(^_^;)。

その替わり、昨年同様、去年の電気使用量と比較して使用量が減少していると、
その減少割合に応じて電気料金が安くなるという、
電気代割引・省エネ奨励措置がとられています。

DSC_3284-1.jpg

計算方法はこんな感じです。

去年同時期総電気使用度数 ÷ 去年同時期実際電気使用日数・・・・A
今期総電気使用度数 ÷ 今期実際電気使用日数・・・・・・B


省電率 = (A - B)÷ A × 100% 

*度数=KwH

そうして計算すると、
今回我が家は11.4%の節電率!

節電率0~5%未満は5%、5%~10%未満は10%、
そして10%を超えると実際電気費用の20%の割引が受けられますよ。

そんなわけで、我家は813元(約2400円)電気代が安くなりました。
(この他、節電を競って現金ゲット!の節電競争もあるらしく、
私は申請締切りを過ぎていたのでできませんでした・・・)

去年は家の工事やお客様も多かったので色々使用量が高かったんですね。
おそらく8月は去年と比べてもっと節電に成功するはず!フフフ~(微笑)

たとえ現金だと言われても、
このように眼に見えてわかる節電方法を採用していると
やる気が湧くってもんです、主婦としましては。笑)ねえ皆さん。
東電、関電採用して!


節電がんばるぞ!!
関連記事
2011.07.05 / Top↑
TrackBackURL
→http://realworldtaiwan.blog45.fc2.com/tb.php/654-222d463b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。