♦♦♦♦♦♦♦♦♦ 国際結婚で台湾在住、柴犬3匹との台湾生活を綴っています。あっという間に台湾11年。  ♦♦♦♦♦♦♦

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
東北で起きた大地震と大津波による被害は、ここ台湾にもリアルタイムで報道されています。
仙台の知人や関西の実家に確認後に、東北の映像を見てショックで絶句しました。


今回の大震災で被災されてしまった全ての方々や、安否の確認が取れずにいる方々、
そのご家族の皆様に心よりお見舞いを申し上げます。


数々の情報や報道を目の前にして、自宅でシャワーを浴びているとき、
食事しているとき、生活のふとした瞬間にすごく複雑な心境になります。
自分の国で発生していることだから余計です。きっとみんなそうでしょう。
何をしたらいいのか、国外からでは十分なことができずにイライラするのです。

それでも台湾にいる自分が出来る事は、頑張れという言葉だけじゃなく、
被災地へ義援金を支援すること、そしていざという時の「備え」を学びとることだと思いました。

国内で拡散すべき情報はたくさんあるかと思いますが、
国外でも、災害でたくさんの人が身を持って教えてくれた事を活かしてつなげるべきだと。

一部の災害時秩序を保つ日本人の姿勢は海外で賞賛され、
台湾でも自国民性を見直すきっかけになっていますが、簡単なことではないと思います。

原発に関しても台湾も例外でなく、臨海地区に4個(5個?)保有していますが、
台電により「今回のもの(福島)よりも高い設計性(米国製)」「万が一の際でも情報は絶対に隠蔽しない」
との発表がありました。
しかし情報開示の垂れ流しで、予想以上の混乱が起きる可能性があるのでは?と
なんでも次から次へ杞憂が晴れません。

様々な事象を頭で理解しようとしても、映像で見せられても、
人間は実際自分に降りかかってこないと100%想定できないのが本音だとは思います。
日本ですらそうだった、だからこそ常に慎重さがほしいところです。

距離間や時間経過によって、経験があっても危機感が薄れるのはあります。
被災経験のある自分がいい例です。

世界で一番、地震に対し訓練され準備してきた日本が試される時だと海外ニュースは報じますが、
でも、逆に日本以外の国も同時に試されていると感じています。

先週末、大型地震や直下型の地震が来た場合の非難場所、ペットを誰が持つのか、
連絡手段等を夫婦で話し合い、非常具を揃えリュックに詰めました。
うちはiphoneがないのでちょっと不安ではありますが、スカイプやツイッターがかなり使えることを知りました。
(岩手などお年寄りが多い地区ではネットが十分ではなく、電話だけが連絡手段だということです。)

この大災害と被害を前に、台湾政府は1億数千元の援助や救援を決め、
外交部との連携で発電機や募金など、民間でも様々な支援金が挙がっています。
ありがとう台湾。

戦争や大震災をなんども経験しその度に這い上がってきた日本。
祈るだけでは人は救えない、まず実質的な支援を!ももちろん正論ですが、
この世に見えない何かがあるのだとしたら、祈りは必ず形となって届くと信じてます、

日本の底力も。

行方不明者が一日でも早く見つかるとともに、亡くなった方のご冥福を心よりお祈りいたします。

【台湾からのエール】

「facebookより」
jyayo.jpg

http://www.facebook.com/event.php?eid=170669529650875










【台湾中華民國 赤十字會募金】

http://web.redcross.org.tw/news_001.aspx?pid=P_00000228&insid=6


【日本国内募金まとめ】

http://sites.google.com/site/quake20110311jp/bokin

【yahooからの募金(ポイント使用可能)】3/13追加

http://bokin.yahoo.co.jp/donation/detail/1630001/index.html


*募金詐欺にご注意ください。
関連記事
2011.03.14 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://realworldtaiwan.blog45.fc2.com/tb.php/633-cd391a97
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。