♦♦♦♦♦♦♦♦♦ 国際結婚で台湾在住、柴犬3匹との台湾生活を綴っています。あっという間に台湾11年。  ♦♦♦♦♦♦♦

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
とある日の週末、
ピンコママの弟である叔父さんの家の夕食に招待された。

DSC_2659-01.jpg


相変わらず高級でお綺麗なお家ですのう。
でも、一緒に暮らしているおじいちゃんは昔住んでいた台湾の家が恋しいらしく、
今でも時々、突然に中和の生家に戻るんだそうな、寂しいんだろうね。


そのお爺ちゃんと話をしていると、ピンコママが横から口を挟んできた。

「りーちゃ!ほら見てみな!
   叔父さんの家はこんなに綺麗よ!!
   だから、あなたも・・・(くどくど、くどくど×無限大)」



あのさママ、ここってメイドさんがいるでしょうが。
っていうか、比較対照相手のレベル間違ってない?^^;



そんなピンコママをいつものようにスルーしてテーブルに行くと、台湾的食材(写真)が沢山ずら~り。

ここまで用意するの、さぞかし大変だったろうな。私にはせいぜい5品しか無理です、はい。
この様にずらり並ぶ形式だと、台湾家庭それぞれの好みが顕著にわかって面白い。

(あ、これ好きだなー。)
(うあ!肉多っ、どうりで叔母さん太るわけだよ。)

アミ族出身の叔母さんは、肉が大好きだったりするので、肉肉肉のオンパレード。

夫Hとコソーリ愚痴を話ながら、とりあえずSUSHIを頬張る。

最近夫婦で油物が少量しか受けつけない体になってるので台湾料理はちょっぴり辛い。
でも、残すのも嫌なので結構がっつり食べた。

食事が済んだ頃、親戚の集いが好きではない従兄弟数人から別階のカラオケに誘われ、
眠いという夫をその場に残して、ピンコママ達から少しの間、離れることになった。

DSC_2662-01.jpg


カラオケを済ませて2時間後に戻ってくると、丁度「集い」はお開きタイム。

私「ま~たピンコママったら、私の愚痴でも言ってたんじゃないの?」

親戚の集いではその場に居ない人の文句がたまに出るので、夫にそれとなく聞いてみた。

夫「いや、多分りーちゃのことは言ってなかったよ(いや多分て何w)それよりさあ・・

夫の話によると、
その日たまたま上の子どもが風邪で揃って欠席していたある従兄弟夫婦に対して、
伯父の総攻撃が凄かったらしい。
その槍玉に挙げられたのは伯父の息子の奥さん

*伯父は、ピンコママの兄(一家の長男)にあたる。

伯父もーあの嫁は駄目!!
    上の孫の教育が全然なってない!
    しかもオムツや生活費までこっちが出してやってるってのに、
    家事はしない、ご飯も作らん、全部うちの妻(姑)にやらせる!
    ほんと同居なんてするもんじゃない!
    ●●とかメイリン(義妹)とかリーチャみたいに別居して外で生活させた方がよっぽどいい、
    嫁が自立するわ。


しかも伯父は少々傍若無人な上の孫に相当嫌気をさしているらしく、

「上と違って下の孫は本当にかわいい。上の孫は可愛くないしウザイ!」

と、しきりに下の孫だけを褒めていたらしい。(そりゃまだ喋れないから)

聞いてた夫もびっくりするくらいのケチョンケチョンぶりに、見兼ねた従妹がフォローに入ったらしいが、
それでも「嫁がなってない」のオンパレード、又聞きした私もすっごく気の毒に思えてきた。
ピンコママ'sブラザーだけあってやはりというか、手厳しーー!

出来ちゃった結婚とは言え、元はといえば息子が同居を選択し妻はしょうがなく同居って聞いたし、
しかも働く嫁に代わり、上の孫の幼少期を育てたのは甘やかし放題の姑だったような・・?

正直、最初から何でも金出す親も悪いよな。
でもね、やはりというか、最後まで自分の息子のことは責めんのだよ。

息子の方も親に出してもらって当たり前って感じだし。
美人でいい奥さん&ママなのになー。

傍から見ても、うちと違ってお金の心配もなく、子どもに囲まれ、
姑舅と和気藹々でうまくやってると思ってたけど、内情はわからんもんだ。
せっかくビールで上機嫌になった顔が、一気にクールダウンしてしまった。勿体ない。

嫁姑舅の裏事情が見えたそんな複雑な1日でありました。

関連記事
2011.03.03 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://realworldtaiwan.blog45.fc2.com/tb.php/631-65291b78
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。