♦♦♦♦♦♦♦♦♦ 国際結婚で台湾在住、柴犬3匹との台湾生活を綴っています。あっという間に台湾11年。  ♦♦♦♦♦♦♦

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
oinari.jpg



「はい、りーちゃ、これ。」

ピンコママが家に訪問した時に、トレイに載せられた「お稲荷さん」をもってきてくれました。

(おいなりさん=いなり寿司・・って知ってるかw)

これ、姑ピンコママの手作りなんですよね。

実は夫Hも義兄弟たちも小さい頃からこれを食べて育ってきてるそう。
若干甘めな味付けが、関西人の私にぴったりで、とっても美味しいんです。

お稲荷さんといえば、小さい頃から週1で食べていた私の小菜ともいえる一品。

実家が商売していた関係で、稲荷大明神を祀っていたのもありますが、
たぬき顔したうちの母がなぜか稲荷寿司が大好物で、(苦笑)
週末仕事がはけた後のいなり寿司が、かかせなかった思い出があります。

ピンコママがこの他によく作ってくれる品に、巻き寿司があるんです。

日本人に馴染みの深い「たくあん」「きゅうり」「紅生姜」「玉子焼き」の他に、
肉鬆ハムがそれぞれたっぷりと隣同士に並んでいる台湾風巻き寿司
最初はその呉越同舟的なハーモニーに驚きましたけど、
お醤油をつけて食べると、あらふしぎ。
懐かしい味がして、今では3本くらい一気に食べちゃってます。笑

姑に感化されて、色々自分も作っていますが
まさか台湾で、しかも台湾の姑から「おいなりさん」を教わるとは思いませんでした。笑)
まさに教育の逆輸入ですね。w

台湾のセブンイレブンにもいなり寿司は置いてますが、
やっぱり手作りはちがいます。うん。美味しい。


ピンコママはいつも朝5時くらいには起きて、
家族にサンドイッチを作ったり、巻き寿司を作ったりお漬物を作ったりしていて、
結婚以来、家での自炊を欠かしたことはなく、
最初に同居していた頃は、その厳しさに面食らいましたが、主婦業で色々と学ぶ所が多いです。

自分もまさか台湾でここまで色々と教わるとは思いませんでした。
どちらかというと、日本より楽なイメージだったんで。^^;

性格が煩いので、なんだかんだ言い合いもしますけど、

私の台湾のお母さんですから、

やっぱり感謝しなあかんなって思う今日この頃です。


関連記事
2010.12.02 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://realworldtaiwan.blog45.fc2.com/tb.php/600-8920aa4b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。