♦♦♦♦♦♦♦♦♦ 国際結婚で台湾在住、柴犬3匹との台湾生活を綴っています。あっという間に台湾11年。  ♦♦♦♦♦♦♦

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑

 20101126-05.jpg 

手術当日です。

既に9割がた右目が見えないため、
家具や物にぶつかりバランスが取れないながらもミルクは元気。
そりゃそうだ、わかってないんだもの。

前日は飼い主の方が初めての全身麻酔にびびってしまい、
何かあったときの為に沢山写真を撮りました。
(やっぱり考えてしまいますよね)



数日前に病院で術前の検査と薬を処方され、
術前の内服薬と目薬を忘れずにつけて手術に挑みます。

 201011261.jpg

前日の夜中から、飲み水さえも飲ませられないため、
朝から「えさくれ~水くれ~」が煩かったですが、なんとか午後まで乗り切ります。

DSC_2297.jpg

術後は当分散歩が出来ないため、病院周辺を30分ほどお散歩です。

この時も誤って葉っぱを食べないように注意。。。

散歩中、自分達も何も食べてなかったので(なんかミルクに悪くて)
途中でささっと腹ごなし。(こんな時も台湾ブログですから^^;)

20101126-02.jpg

飼い主が交互に油餅をほおばりながら、
午後2時、約束の時間ぴったりに病院到着です。


DSC_2304.jpg

こちらは午後の診察は14:00からで、夜の9時までやっています。
台湾は動物も人間も病院が遅くまで開いてるのでほんと助かります。
その分、病院勤務は疲れるということなんですが。

こちらの病院では診察室が二つあって、
奥には処置室と手術室などがあります。

20101126-04.jpg 

直前にもう一度目の検査があり、(慎重!)
新しい異常も見つからなかったため予定通り手術準備が始まりました。
手術準備と手術中は衛生面から、もちろん立会いも出来ません。

ミルクを不安にさせないため、
私たちは何もないように、さりげな~く処置室に連れて行き、
さりげな~くそこを後にします。

事前に、

「右側の目周辺の毛と左腕の毛をそりますが、
 もしご希望であれば左右両方合わせて剃りましょうか?」

と助手から聞かれましたが、
(半分だけ剃るとアンバランスで見た目的にも悪くなってしまうのを心配して)
全剃りだと寒いし、あまりにも可哀想なので、
通例通り右半分だけを剃ってもらうことにしました。


手術は約一時間、
術後は担当の林教授から、
後でデジカメ写真(術部位の)を見せてもらい
術中の説明を受けます。

麻酔は液体と気体の両方を使用するそうで、
ミルクが自然に目を覚めてから、私達の所まで連れてきてもらいました。

わかってはいましたが、
なんとも、いたいたしい姿です・・・・・。

薬を頂いて毛布にくるまれたエリザベスカラーなミルクと共に帰宅。

これから一ヶ月が勝負です。

早く良くなるようにがんばるぞ!



関連記事
2010.11.29 / Top↑
TrackBackURL
→http://realworldtaiwan.blog45.fc2.com/tb.php/597-138dbd7a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。