♦♦♦♦♦♦♦♦♦ 国際結婚で台湾在住、柴犬3匹との台湾生活を綴っています。あっという間に台湾11年。  ♦♦♦♦♦♦♦

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
DSC_2269.jpg



はい、今日は台湾家庭料理の名物スープ(?)排骨湯です。

洒落た名称をつけると豚スペアリブスープ

レシピ特集風にいえば、「豚スペアリブと大根のほっこりスープ」かな。笑)
さらに簡略すると「豚汁」?

日本だと豚骨の入手にちょいと手間取るかもしれませんが
作り方も至って簡単、見た目も非常にシンプル、
五臓六腑に沁みるようなお味です。
心も身体もほっこりします

上の写真は、適当に作った時にパチっと撮ったので
見た目で食指が動かないかもしれませんが許してくださいませ。ojigi1.gif
DSC_2257.jpg 


今回は黒豚の骨を使用。台湾の豚肉屋のものなのでちとグロくてごめん。いい豚肉の殆どはピンコママからのお裾分けが多くて、姑にはいつも感謝してます^^。で、この骨付き豚を綺麗に洗いまして、煮えたたっぷりの湯の中にボチャンっと気軽に入れてください。

DSC_2258.jpg


蓋をして20~30分以上、強火~中火でグツグツグツグツ・・吹き毀れないように煮込んで、時々アク?(豚の血のような・・)をすくいます。ピンコママ曰く「先に豚を油で揚げてから煮るともっと美味しいよ!」だそうですが、スープがかなり油っこくなってしまうので、あっさり好みの日本人にはちょっと合わないかなー。

DSC_2260.jpg


食べやすい大きさに切って水にさらしておいた大根を加えて、更に中火~弱火で煮込みます。
大根がうっすら透明になるまでじっくりと。(荒く切った白葱を入れると美味)その後『酒大匙1、みりん小匙1強、塩小匙1半(味見しつつ)』を加え、更に煮立った所で火を止めて1時間以上冷まして放置します。こうすると更に豚からうまみが出て、大根にも味が入るのです。前の日に作ってもいいかもしれません。
ちょっと話が逸れますけど、煮物や甘さが引き立つ料理なんかは、一旦冷まさないと味が(甘さが)増さないよと、某割烹屋の大将に教わったことがあります。黒豆とか豆料理なんかは特にそのようですね。色々アドバイスもらった思い出があります・・・。ま、プロに教わっても対して上手くはならなかったけどな。w
さて、そんな風に冷ましたスープを、食べる直前にもう一度火をかけて煮込んだら、塩コショウをいつもより多めに振って(ポイント♪)終了、出来上がりです。


これは面倒くさいことが嫌いな私のやり方なので、他により正統派の作り方があるかもしれませんが、
基本的に誰が作っても失敗せず美味しく仕上がる一品ではないでしょうか。お験しあれ~k-06.gif


関連記事
2010.12.01 / Top↑
TrackBackURL
→http://realworldtaiwan.blog45.fc2.com/tb.php/595-40bee96b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。