♦♦♦♦♦♦♦♦♦ 国際結婚で台湾在住、柴犬3匹との台湾生活を綴っています。あっという間に台湾11年。  ♦♦♦♦♦♦♦

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
夏休みといえば昆虫採集が懐かしい思い出。

小さい頃は男の子に混じって色んな虫を捕ったけれど、
住宅地に囲まれて育ったので、追いかけてもせいぜい会えるのは天道虫、トンボ、カナブン、蟷螂など
普通の虫くらいなもの。

だから台湾に来てから、
今まで見たこともないような虫を見かけることが多く、すっかり弱気になってしまっていた。

でも新しい街に引越してからというもの、
毎日裏の森からひっきりなしに虫達の訪問があり
家を守る身としてはもうギャーギャー言ってられない。

今はすっかり逞しくなってしまった。

最近では、風呂場で掌サイズの大きな蜘蛛を見つけても、

「あーら、もうこんなに大きくなって~ バンッバンッ(箒で叩く)!」

と余裕をかましてシバいてる。

でも全部がゴッキーや蜘蛛などの嬉しくない訪問者ではなくて、

週に何度かは「お~!」と驚くような虫が玄関や駐車場にひっかかっていたりする。



例えばこちらね。

DSC_0853.jpg

                                    「ワシャシャ~」







前の日記でも触れたことのある、「ナナフシモドキ」。
(前の日記参照→CLICK)の再来。

ある人のブログで、
実は大した苦労もせずに見れるほど生息数が多いと書かれていて、



DSC_0847.jpg 

                                    「のっそのっそ」 



「そんなことないでしょ~、私は今まで観たことなかったよ」
と思っていたら、
ほんとにこの家で大した苦労もせずに再会してしまった。笑)
台湾の自然のこのワイルドな感じがたまらなくなる。


そして次の訪問者は、空が暗くなってから外の洗衣間(洗濯&物置)に入った時にやってきたカノジョ。


バンッ!バンッ!バンッ!

そんな音を出しながら、窓に物凄い勢いで自らの身体を叩きつけながら下へ落ちていく虫を発見。

落ちて弱ったところをそっと保護しておそるおそる見たら、


<DSC_0835.jpg


                                カブトムシ(メス)だった。


これだけカブトムシの体が汚れてるってことは、もうそろそろ・・なのかなと思い、

籠の入り口を開けたままにしておいたら、翌朝にはもうどこかへいなくなっていた。


カブトムシとの出会いなんてもう何年ぶりだろうね?と余韻に浸っていたら、数日後、なんと 



<DSC_1009.jpg 


                       クワガタまで飛んできた。w




もしかするとこれは「台湾オオクワガタ」かっ ?!

そうなら、保護昆虫に指定されているらしいので捕獲は禁止なのだ。


どちらにしても、この後ちゃんと森に逃がしましたのでご安心を


でも、まさかこの年になって、自然にクワガタに会えるとは思わなかったわ。


台湾ってほんと自然が多いんだなあとしみじみ感じる今日この頃。


今度は野鳥の撮影にもトライしよか。




関連記事
2010.08.05 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://realworldtaiwan.blog45.fc2.com/tb.php/569-482653bb
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。