♦♦♦♦♦♦♦♦♦ 国際結婚で台湾在住、柴犬3匹との台湾生活を綴っています。あっという間に台湾11年。  ♦♦♦♦♦♦♦

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
頂いたコメ返しができていなくてすみませんっ。


来週新居にフローリングが入り、大掃除をして
ようやく本格的な引越し作業にはいります。

本当に、ようやく、やっと・です。


なんだかんだいって、内装に結局一年もかかりました。
マンション建設かよ、みたいな。



台湾では、普通こんなにかからないんですけどねー。
まぁ色々ありましたから。^^;
(5人の意見が絡むとそりゃ進まんわ。)

失敗も幾度と無くありました。
ピンコママの「気に入らない!」の一言で出来上がった内装イチからやり直しとか、
注文したものと違う材料が取り付けられていたり、
業者が木材持って行き来したので入居前からボロボロになった素材、
せっかく綺麗に塗った壁も汚れてしまい、電話で文句を言う日々。

それでもなんとか自分達のセンスを守りつつ、
ここまで無事こぎつけたのはラッキーなのでしょうね。


引越し後は兼ねてから期待されていたピンコママとの、より密な生活必須、
更にいろんなことが起こりそうな予感です。


おぉ、なんてステリアスな未来
(なるべく外にいよーっと・・・・。)


しかし、むちゃくちゃ忙しい。
まだ梱包作業すらしていないってのに、
締め切り近い大量の仕事、合間に新居の家具やカーテンの最終話し合いとチェック等やることが多すぎ・・・。

夫なんてそれを輪にかけた
人生で一番忙しい日々をすごしてます。

こういうことは人生で何度もあることではないので、
全て終わった後の達成感もまたいいもんでしょう。

(嫁である私はこれから始まるんだけど。苦笑)


ちなみにご近所や警備員のオジサン、マンションの管理員には
引越しすることまだ一言も言ってないんです。

「また色々詮索されるとうっとうしいし、すぐマンション中に広がるから言うのは直前でいい。」

愛すべきお節介な年代の台湾オバサン&オジサンが多く住むマンションなので、
夫からそう釘を刺されて、ずっと個人情報黙秘のように黙っていたのですが、
さすがに世話になった人にきちんと挨拶しておかないといけません。

でもここまで引越しの事を黙っていると、
だんだん話を切り出すタイミングがわからなくなってきました。



「色々お世話になりました、私たち引っ越すことになりました。」
「そうなの!寂しいねえ!で、いつ??」

「今日です。」
「え!!」

夜逃げかと思われて、逆に変な噂が立つのかもしれません。苦笑)



関連記事
2010.04.24 / Top↑
TrackBackURL
→http://realworldtaiwan.blog45.fc2.com/tb.php/553-6de54969
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。