♦♦♦♦♦♦♦♦♦ 国際結婚で台湾在住、柴犬3匹との台湾生活を綴っています。あっという間に台湾11年。  ♦♦♦♦♦♦♦

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
今年の夏、初めて夫婦で日本に「帰省」することになりました。

結婚以来初めてなので、夫Hと面識のない親戚との顔合わせが待っています。


久々に会う親戚や友人がかなり大人数になるので、お土産も全部でダンボール1箱分ほどです。^^;


そこで週末を利用し、台北市にある迪化街(Di-hua-jie)へ買い物にいきました。


この通りは布・生地、お茶(ハーブあり)、干物、漢方薬、などなど中華食材の卸売り市場のようなもので、旧正月前になるともうそれはそれは物凄い人だかり!

台湾のアメ横みたいなものでしょうか。^^;


カラスミに始まり、更にフカヒレ、海燕の巣、干し貝など中華高級食材もゴロゴロ積み上げられて売っています。

kankou
 


(フカヒレ高い!安いものでも一枚4500元(13500円~)くらい!もちろん買えませんが。笑)


今の時期は中秋節も近いので、贈り物用としてのお中元セットのようなものが多く売られていました。

 「からすみ&干し椎茸&干貝セット」1500~2500元。
 「フカヒレ&燕の巣の缶詰セット」  2500元。


今回は、お買い得な干貝を一斤(約600g)と、からすみ(小)を数個(250元から400元ほど)買いました。(全部で3000元ほど)


 
22.jpg
 


なるべく積極的に日本語で「こんにちは~からすみあるよ~」と話しかけてくるお店には入らないようにしてます。だってぼったくられそうだから。^^;
それに店頭に並んであるカラスミは買わない方が○!(どれも鮮度が低いから)


後でピンコママ曰く、今の時期はこういった食材は値が比較的高いそうで。

一番食材が多く並び、種類も豊富、お値段も安い時期というのは、やはり日本と同じく旧正月前。
じゃあ1月~2月が「カラスミ」のねらい目なんでしょうね。^^


帰り際、夫Hが 「あ!」っとある廃墟ビルを指を差しました。

 
kankou
 


その指の方向を見ると、古いビルのテッペンに 「屈臣氏と文字が貼られてあります。

屈臣氏大藥房と言えば 中華のマツキヨ版こと、薬局店ワトソンズの名称。

 
20_20080330152116.jpg
 


「ここ、ワトソンの台湾第一号店なんじゃない??」


夫がそう言っていたので調べてみたら、確かにそこはワトソンズのビルでした。

第一号店というのは、載っていなかったのでわからないが、相当古いことは確かでしょう。台湾の色んなブログで紹介されていましたから。でもなんだか取り壊されそうな気配ですね。残念。

大阪市のように、古きよき建物を残しながら、現代に溶け込んだ街になればいいんだけどな。


迪化街への行き方ですが、台北駅から歩いた方が迷わないと思います。
台北火車駅の地下にある「台北地下街」からいくと便利です。
台北地下街の地上出口北1甲番から地上へ上がります。上がったらすぐ「塔城街」に面した道路になるので、「塔城街」をひたすらへと歩いていくと、徒歩10分ほどで迪化街につきますよ^^。生地のお店が増えてくるのですぐにわかります。
関連記事
2005.09.11 / Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。