♦♦♦♦♦♦♦♦♦ 国際結婚で台湾在住、柴犬3匹との台湾生活を綴っています。あっという間に台湾11年。  ♦♦♦♦♦♦♦

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
旧正月前後はやたらパイナップルケーキを貰う機会が増えました。

パイナップルは中文で『鳳梨』(フォンリー)といいますが、台湾語ではong5-lai5(オン・ライ)と読みます。台湾語の発音が慶び事が来ることを表す『旺來』(ワンライ)と似ていることから、縁起を担いで正月などのめでたい時や会社はじめ等、お供え物として使われることが多いです。その関係でこの時期はパイナップルケーキの贈答が頻繁にされるということかな。

このブログでたま~に紹介している台湾のパイナップルケーキですが(あれ?一度だけかな?)、
台湾にはほんと沢山のメーカーが存在し、個人の好みもありどれが一番か甲乙つけがいものがあります。

でも、ここ最近いくつか自分の中でヒットするパイナップルケーキに出会いました。

その一つ目がこれ。

今回正月前にも実家に寄ったら、ピンコママから

「友達に貰ったんだけど、これ凄く美味しいのよ!」

とパイナップルケーキをお裾分けしてもらったもの。

paina01.jpg


お世辞にもセンスのいいパッケージとはいえません^^;。
それに、見るからに観光用専門のパイナップルケーキといった感じで、姑に美味しいと言われても、あんまり味には期待してませんでした。


 paina02.jpg


販売元は台北にある「許家班餅舖」というパイナップル・マンゴー・バナナケーキや月餅、ヌガーを扱っているお店です。

いかにもタイワ~ン的な、そして南部のパイナップルをイメージさせるような包袋です。
台湾土産!って感じがしますね。

paina03.jpg


空けてみたら意外とサイズが大きくって、一個でお腹一杯になりそうな感じ。
掴んだ瞬間にパイナップルケーキの表面は既にソフト感たっぷり、押したらすぐに潰れそう。
よくあるサックサックというのではなく、しっとりやわらか~い感触です。
そのため包装も頑丈なのかな。


paina05.jpg


中を割ってみたらこんな感じでした。でも全体的に軟らかいので割るのが難しかった。^^;

で、一気にパクっと食べてみたら

『あ!!美味しい!!』

いつもパイナップルケーキを貰うと(某所のとか、某有名店とか)どうしても食べられなくて余ってしまい人に渡すのですが、これは自宅でぜ~~んぶ食べちゃいましたね。笑)
口当たりが凄くやわらか~いので、沢山お腹に入るんですよ。笑)
お土産にはもちろん、普段のお茶タイムにもお勧めです。


見た目にだまされることもありますが、見た目では判断できない美味しいものも多い台湾。
だから嵌るんだな、こりゃ。


もう一つの美味しいパイナップルケーキはまた次回に^^♪


店 :許家班餅舖
住所:台北市信義區福街68號(MRT永春站から15分くらい)


私も台湾に行きたいわん!と思ったらポチっとお願いしま~す♪

にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ ご訪問ありがとう♪

人気ブログランキングへ ワンクリック宜しくお願いします♪



関連記事
2010.02.24 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://realworldtaiwan.blog45.fc2.com/tb.php/535-86363667
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。