♦♦♦♦♦♦♦♦♦ 国際結婚で台湾在住、柴犬3匹との台湾生活を綴っています。あっという間に台湾11年。  ♦♦♦♦♦♦♦

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
 1213.jpg



意味深なミルクの台詞ですが、今日のテーマのヒントにもなってます


前に頂いたコメントで、

「台湾人の彼氏から、《台湾では犬を二匹飼っちゃ駄目!4匹ならいいよ》と言われましたが、本当ですか?」

とご質問をいただいたので (ゆんさんのコメント、日記に使わせてもらいました、ご提供サンクスです♪)

お答えします。






本当みたいです(´Д`;)ゞ


ただし、これは迷信や昔からの縁起を重んじる年配者や一部の方が信じていることで、
今の若い世代や愛犬家の方は、「迷信」と捉えて殆ど気にされてないんじゃないかなと思います。
というのも、自分は今まで台湾で、沢山の二頭飼いの飼い主さんに出会ってきたので。^^

なので二頭飼いされているご家庭の皆さん、どうぞご心配なく!



さて、その気になる理由なのですが、

割と単純でしたので、説明するのも簡単です。


まずは「犬」という漢字にご注目。

犬が二匹ということで、口が二つあると例えます。

そして犬と言う字に口を2つ書き加えて、


inu002.jpg 


・・・・と、あーら不思議、(全然フシギじゃないけどw)

上の図のように繁体字で「哭」という字に成るのです。

これは日本語で「泣く」という意味にあたり、
二匹の犬を飼うと家庭運がうまくいかなくなると言われ、縁起がよくないと言う理由なのです。


次に、犬4匹だとどうなるのか、ですが、


こちらも同様に犬4匹=口4つと考え、
犬に口を4つ描き加えます。すると、


inu03.jpg



ジャーン♪ 「器」と言う漢字の出来上がりです。


こちらは逆に「大器を成す」という良い意味になり、4匹の犬を飼うのが縁起がいいとされているのはこの為なんですね。

社長になりたい人が多い台湾らしいかも。でもね、犬4匹飼いなんて、めちゃくちゃ大変だと思いますよ。(今のご時世、よほど余裕がないと無理だと思う)

犬三匹に関しては、特に普通とされますが、
一部では犬が3匹だと、犬が三つで「飆」になり、(なぜ口ではない?)=暴れるという意味で家族が凶暴になる、又は「器まで一つ足りない=大器には至らず」で縁起が良くないと言う人までおられます。

一口犬吠(顧家)、二口成哭、三口不成器・・・。
こういった動物を表す漢字というのは、吉凶の幅が広いので突き詰めると大変なことになりそうです。笑

逆に言えば、これが漢字の世界の面白いところでもありますが、世界中で二匹の犬を飼って幸せな人からしてみれば、
突然知らない人に「二匹飼いして勇気あるね、不吉でしょう?」とか言われると、ムカっとくるだろうな。


結局は、あまり気にしない方がいいということなんでしょうね^^。


縁起を担ぐのは個人の自由ですが、信じすぎるあまり、
あれもコレも駄目!と強制的に相手から言われると困ってしまいます。

過去には二匹を飼ったから家が傾いた、家計が苦しくなったとか(あたりまえw)と手放す人がいたそうですが、それって「原因は他にあるのに、何かのせいにすることで責任を逃れしている」気がしてなりません。

事故に遭った不幸に遭ったなど、本来世の中には、偶然はあまりに多いものですよね。

自分は犬も猫も鳥も、ハムスターもカメも命ある生き物。飼うという行為は、相手を助けることにもつながり、
逆に自分達はそれで人生の「徳」を上げさせてもらってるのだと思います。それに何匹飼っていても、ペットは家族、結果的、養ってくれた皆に良い事がかえってくると信じてます^^。


でもそれでも、やっぱり気になるという人のための解決策はコチラ。

方法はいたって簡単、「犬のぬいぐるみ」を変わりに部屋に置いて、数を合わせるだけだって。

なんだか風水の「方違い」と似てますね。
この方法だと、相応揉めることなく、楽に問題解決が出来るので家庭も円満です^^。



いやはや、「漢字」って大変ですな~。

関連記事
2009.12.13 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://realworldtaiwan.blog45.fc2.com/tb.php/519-21333c30
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。