♦♦♦♦♦♦♦♦♦ 国際結婚で台湾在住、柴犬3匹との台湾生活を綴っています。あっという間に台湾11年。  ♦♦♦♦♦♦♦

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
DSC_1488.jpg

DSC_14119.jpg
 



虎頭山の麓にひっそりとたたずむ「桃園県忠烈祠」
意外とそれほど広く知られてないようで、いつ行っても人もあまり居らず静かです。
周囲もちょっと辺鄙。

私は5年前に一度友達とここを訪れたっきりで、いつも素通りをしていました。
というのも、あの時は帰りの道路で友達のバイクのホイールが突然外れ、
あとちょっとで事故りそうになったから・・・^^;(今でも謎)

夫は初めてくるようで、二人して正面の長い階段をハアハア言いながら登りました。
ミルクだけは新しい匂いをかぎたいのか、元気に駆け上がります、ああ四本足が羨ましい。

金瓜山の神社にしても、宜蘭の神社跡にしても、神社跡地ってのは階段がやたら長いんですよね。
こういう階段を登っていると、毎回正月に参拝に行く地元のお寺を思い出します。


台湾には統治時代に200あまりもの日本の神社が作られていたのですが、1972年の国交断絶後に殆どの神社は撤去され、今もこうして残っているのは僅か。
日本に関わる意識を取り除き、「神社」から「忠烈祠」と敬称を変えた後も、一度1985年に政府から撤去されそうになったのですが、地元住民と歴史文化保存に関わる団体から猛烈な抗議をうけています。再度建築および芸術的価値を考慮して、腐敗部分に修復の手を加えて今に至ります。

jinhya01.jpg

中に入るととても整頓されて静まり返った雰囲気。

「なんで赤い鳥居じゃないの?」

となりにいた家族連れが言っていたけど、確かハワイ島で見た鳥居も白かったな~。
朱色にすると中国の建築物に間違えられるから・・と地元の人が言っていたのを思い出します。

jinjya01.jpg

手水舎の中を覗いてみると、中にはちゃんと水が張ってありました。
でもおそらく随分前の水だろうと思うので、もちろん触りませんでしたけど^^;。

jinjya02.jpg

ふと見ると撮影の女性はかなりの美人さん。
なんちゃって着物も意外と可愛い。

着替えてここまで撮影にこられるのも大変ですね。こうして和装の結婚写真を撮る人は意外といるんだな~。

jinjya03.jpg

両側の部屋に位牌が並んであり、真ん中にはお賽銭箱。王道ですね。

賽銭箱を見るとついつい入れたくなってしまうというか・・・。
二人で10元ずつ投げ入れたら、賽銭箱から「カラーン、チャラーン」と懐かしい跳ね返りの音。
ここの写真を撮らせてもらっているし、位牌もあるのでとりあえず「お邪魔します」と御礼を3回しました。こういう場所では失礼のないようにしないとね。(前回の例もあるし・・)

天井を見渡すと雨漏りか湿気の跡。この台湾で木造を長年維持するのは大変らしいです。

jinjya4.jpg

いつもちょっと暗い雰囲気の建造物だけども、
現在、台湾に残る神社の中で非常によい保存状態の日式神社として「桃園忠烈祠」は第三級古蹟として指定されていたんですね。桃園観光の際は是非^^!

jinjuya06.jpg

柴犬はやはりこういう建築物が似合いますわ。w
さてミルたんを日本の本物の神社に連れて行ける日は果たしてくるのでしょうか。^^;



↓ランキング復活しました^^。クリック応援お願いします~♪

にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ ご訪問ありがとう♪

人気ブログランキングへ 応援ポチっと宜しくお願いします♪

関連記事
2009.11.16 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://realworldtaiwan.blog45.fc2.com/tb.php/505-4b1efd95
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。