♦♦♦♦♦♦♦♦♦ 国際結婚で台湾在住、柴犬3匹との台湾生活を綴っています。あっという間に台湾11年。  ♦♦♦♦♦♦♦

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
DSC_1343.jpg
鹽寮にて



ちょっと風邪引いてしまったので、ひたすら自宅でブログUPしていますが、

また海の話題です。

10月は波が高くなるので、サーフィンする人が増える時期。
サーファーは秋から冬が多いんですってね。

台湾だからそこまで寒くもないし丁度いいのかも知れません。

(でも来週は13度まで下がる日があるって・・・。台湾久々の厳冬の予感?)

この台北県の鹽寮は人も少なく、初心者向けじゃないんですが
波乗りを見てると自分もやりたくなってきますね。

サーフィンって中年から始めてもいいもんなのかな?w


safin02.jpg


若いカップルもちらほら。彼氏と一緒にボディボードかな、仲睦まじげです。
やっぱりサーフィンはペアで始めると安心なんだろうと思います。うちは無理ですね、夫がアウトドアスポーツ派じゃないから。。。。

ここの台湾のサーファーは日本のサーファーみたく茶髪の人は殆ど居らず、男性は皆坊主か黒髪でした。清潔感あってええ感じどす。

遥か向こうに見える物体は、年月を得て出来た奇岩です。船で行って近くで見てみたいですね。

ちなみに手前の砂浜の上は何もないようにみえますが、
木等漂流物が凄かったので消してます。




umi02.jpg



波乗りサーファー達から堤防を挟んだ反対側では、釣りを楽しんでいる人達がいます。

この日は雲一つ無い快晴で、海が本当に青かったです。


teboudai.jpg


潮の香りを覚えているのか、海が近くにあるのがわかる車の窓に乗り出し、尻尾を振って鼻をクンクンするようになりました。

彼女にはせいぜい海を好きになってもらって、どんどん一緒に旅行したいです。


sakana.jpg


さてこの釣り場、堤防代が二つに分かれているのですが、近くの釣りオジサンに話を聞いたところ、
この上の写真の左側の堤防は「釣り初心者専用」の釣り場なんだって。

右側の堤防には上級者が集まっているらしいです。


実は二つの堤防台の間には発電所の海水を使った冷却用の温排水があるんです。
(海水浴場の近くに後から発電所が出来た)

日本と同じ冷却法なので、事故が起こらない限りは排水による汚染はありません。ですが温排水なので海温が数度あがります。その為、魚の種類によっては稚魚が育たない等の影響があるそうですが、大型の魚になると全く問題なく排水口の近くを元気に泳いでたりします。

こういった排水口近くの海は、一年中安定した温度に加えて水流がぶつかる関係で、釣りの絶好ポイントになっていたりするのです。

確かに日本各地でも極微量の放射能物質が海底で見つかったこともあり、何かしら調べるとまったく0だとはいうことはないですが、数千年かかっても消える問題ではないし、気にし始めると今度は世界中の魚が食べられなくなってしまうので、まずは没問題ということにしておきましょう、はい。



次は、釣り師が言う右側の上級者専用を見てみましょう。



turi.jpg

昼前後なのに結構な人数集まっていますよ。

オジ 「今日は少ない方だよ!多いときはあそこに60人~70人くらいの釣り師が集まるんだ。」

あんな狭いとこに60人も集まるって・・・・・。苦笑)

魚の種類は忘れたけど、こちらは太平洋からくる海流の関係で美味しくて大きな魚が沢山釣れるらしいです。なので週末になると芋の子を洗うような釣り場・・。押し合いへし合いになりそやね。

狭いスペースとポイントの奪い合いで、違う意味で上級者専用なのかもしれません・・・。

むしろ初心者側の方がゆっくり釣りできそう。。。


さーて、そろそろ退散しようかと帰るその前に、

お腹がすいていたので、近くの屋台で小吃を食べることになりました。


touhu.jpg


海の近くで食べると食が進むっていいますが、ほんとですね。

子供のころ食べた、海の家の焼きそばやカップヌードルが恋しくなっちゃったな。



関連記事
2009.10.28 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://realworldtaiwan.blog45.fc2.com/tb.php/500-67f705df
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。