♦♦♦♦♦♦♦♦♦ 国際結婚で台湾在住、柴犬3匹との台湾生活を綴っています。あっという間に台湾11年。  ♦♦♦♦♦♦♦

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
私が「災害」の中で一番嫌いなもの、それは地震だ。


今日台湾に来て初めて地震に遭ってしまった。><

学校の踊り場?で座って同級生の皆とおしゃべりをしていたら、座っているコンクリートの辺りから、まるで分厚いクッションに座っているように押し上げる感覚があったのだ。


隣にいた友達に

「・・・・あれ?・・・・もしかして地震・・・・・・?」

と顔合わせると、それはすぐに大きな横揺れの地震に変わった。


老朽化した師範大学のガタガタ揺れて鳴る窓ガラスや、普段から古かったコンクリートの壁までが剥がれ落ちてきたり。

吹き抜けのホールでは、地震をあまり経験した事がない外国人留学生達はキャーキャー怖がって叫んだりしていた。特に韓国人同級生は地震を物凄く怖がることもこの時判った。(韓国では地震がほとんどないので)


怖くて動けなかったので友達の腕を暫くつかんだまま離せない私。

下階で叫んでる欧米人の中には

「ヒュ~ヒュ~♪イエ~イ!」 と楽しんでる外国人男性も。

台湾で起こった数年前の大地震も、それほど昔でもないのに、なぜ地震を面白いと楽しむ事ができようか。 ほんと、不謹慎な白人が多いわ。

トータル何分かわからないが、結構長い間揺れていたように思う。


私は過去に阪神大震災を経験し、家も崩壊、元彼や知り合いが亡くなり、いろんな意味で人生が変わった経験がある。

地震はそれ以来忌み嫌っている経験であり、自然に涙が出てしまうほど怖いトラウマになっているのだ。

台湾では、高層マンションの窓からクーラーの室外機や植木鉢が、それはもう、沢山ひょこひょこ顔を出してるので、外で地震に出会った時の対処法も考えなくては。

いつ何時「あれ」が落ちてくるかもわからない!

普段から歩いててもクーラーの水が セミのおしっこのようにかかってくるときもあるし。 w

その後のテレビニュースで震度を確認したら マグニチュード7だった。

そんなにあったの?5くらいかと思ったのに・・・。

とりあえず市政府にある101のビルはこの地震で被害もなく、ニュースのインタビューでも「どうだ~」とばかりに誇らしげに責任者が答えていた。


ほんと、地震だけは勘弁願いたい。
関連記事
2004.10.15 / Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。