♦♦♦♦♦♦♦♦♦ 国際結婚で台湾在住、柴犬3匹との台湾生活を綴っています。あっという間に台湾11年。  ♦♦♦♦♦♦♦

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
DSC_1235.jpg
   台湾・台北県の翡翠湾にて


台湾には一日中ずっと報道を流す幾つかのニュースチャンネルが存在して、24時間台湾内外の話題で持ちきり。なので日本の速報はほんとすぐに入ってくる。

最近、TVBS(色々言われているけど^^;)で、日本のニュースを流す頻度が増えたので民視や三立電視台よりTVBSにボタンを押すことの方が多くなった。

台湾のニュース番組で、日本各地方のお祭り、文化、高齢化の話題、新しい商品・・など、普通に日本でニュースの後半に流れる地域ニュースみたいな小さなことを(もちろん不名誉なことも)流すので、台湾の方も日本の日常を知ることが出来る。私はそれでちょっぴり懐かしい気分にさせられる。

そんなニュース番組で、この前「日本の石垣島に台湾のゴミが漂流、そのせいで杉達が絶滅の危機」というNHKのニュースを元にした報道を流していた。

石垣ではこの前の台風直撃もあってか、それ以前からか、

ビーチに漂着するゴミの多くは外国のものがダントツに多いという。

釣り道具、網、溶けることのないペットボトル容器達、そしてそれらのゴミを片付ける為に、石垣島側に一日数十万円もの経費が掛かっていて、ほとほと手を焼いているらしい。

ゴミ拾いする子供達が「もう多すぎる!!」とキレているシーンが印象的だった。

台湾と石垣島はわずか200数十キロしか離れておらず、石垣島では台湾の携帯電話がつながることもあるらしい。

ところで、そのゴミの量、台湾や韓国(量は同じくらい)も少なくないながら、大部分は人口の多い中国大陸(一番多いらしい・・)から流れてきたもの。もちろんその中には日本のゴミもあるとおもう。

そのニュースを台湾の人たちはどう思って受け止めているのだろうかと、隣にいる夫をちらっと見てみたがずっと沈黙であった。


さて、そのニュースを聞いて数日後。
たまたま仕事のせいで夫Hの心情が良くなかった事があったらしく突然、

「土曜は早起きして海へ行こう。」

と言い出した。私は焼けるのであまり好きじゃないが、夫は何か心に考え込むことがあると海に行く癖があるので、気分転換にでもなればと思って同行することにした。

今回目指すビーチはよく訪れる台北県東部にある翡翠湾。
大きく言えば基隆・野柳方面にあり、福華ホテルがある敷地内だけど、親戚の別荘マンションがあるのでただで入れ、人があまり居らずミルク連れだと楽なのだ。

2時間くらい遊んで帰ろうと思って、いつもの宇宙ステーション(過去日記参照→)を通り過ぎると、そこには白い砂浜・・・・・・・・・

ではなくて、全く違う風景が飛び込んできた。


DSC_1183.jpg

ん??木がいっぱい・・・?と思ったら、

ryuubokunoarashi.jpg


「うわ・・・何コレ~~」

浜辺をよく見ると、ブルドーザーが数台とフェンスがかけられている。掻き分けて積み上げられた流木の量といったらもの凄い。砂浜も随分手前で段差になっていて、高波でそこまで押し上げられたんだろう。平日は立ち入り禁止っぽい。


ryuuboku01.jpg



台風の後、流れ着いた木だけでこんなにあるとは驚いてしまう・・・。
だから今までも秋にくると色んなものが浜辺にあったわけだ。(花火のゴミは覗く)

台風の後毎回こうなんだとしたら、海辺暮らしの人は楽じゃない。

スイッチを切り替えて、流木探しをすることにしたけれど、
この木なかなかいいな~~と持ち帰ろうとしたら、決まって赤いペイントがついている。

既に誰かが見つけた所有物の印らしい。珍しい赤い木のいいのがあったんだけど・・・
台湾は流木の形の置物が多いからみんな探しに来るのかな。


 ryuubokusagashi.jpg


ashii.jpg



私達が流木を探している間、ミルクは浜辺を自由に行動中。
浜辺でノーリードになっても私達から遠く離れることはなく、
必ず目が届くところで砂遊びをしている。

こんな流木やらなんやら乱雑極まりない浜辺なのに、
ミルクはうれしそうにはしゃぐ。


umisuki02.jpg


相変わらずミルクの砂好きには参った。
目の中に砂が入っても(痛くないのかな~アレ^^;)へっちゃら。

普通の砂場より、こういうビーチがとても好きみたい。(もちろんトイレは外で済ましてから)

これは屏東まで旅行へ連れてくしかないか!?


DSC_1221.jpg



それにしても勿体無かったなあ。
漂流ゴミがなければtaiwanのビーチはとてもいい感じなのに。
次回はゴミ袋持参で来たほうがいいかな。


流れてくる木や、日差しがきつくなってきた。腕が痛くなってきたのでそろそろ浜辺は退散の時間。


umino.jpg



台風の影響はこんなところにも現れるけれど、
それ以前に捨てられたゴミの存在も大きな問題だと思う。
台湾だけにじゃなく、これは日本でもそう。夏なんて浜辺のゴミですごいことになっている。

ゴミがあると言って、社会に対して愚痴や不平不満を言うだけで終わるのか、
それとも誰かがやってくれるのを待つか、もしくは気づいた自分が率先して掃除をするか・・・。


出来るところから始めよう。


(関連日記)

お砂まみれでプレイング
いざ青い海へ
関連記事
2009.10.23 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://realworldtaiwan.blog45.fc2.com/tb.php/496-0717b489
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。