♦♦♦♦♦♦♦♦♦ 国際結婚で台湾在住、柴犬3匹との台湾生活を綴っています。あっという間に台湾11年。  ♦♦♦♦♦♦♦

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
DSC_1020.jpg



台湾の秋の恒例イベント「中秋節」はもうすぐ。(10月3日♪)

この時期が近づくにつれ、何処からともなくプ~ンと、
いささか変わったバーベキュー(過去日記参照)の臭いが漂ってきて、その匂いが家に流れ込んでくる度に

「また週末は実家か~・・・・(チェッ)」

と、嫁としてはちょっぴりブルーになったりする。 

(毎週帰っていても、イベントで帰るのと、ちょっとした用事で帰るのとは違うんだよなあ)

台湾も日本みたくお互い贈り物を送る傾向があるので、友人の多い義両親の家では恒例に「月餅」やら、「文旦」が山ほど置かれてあった。

そこからうちもお裾分けを頂くのだけど、私は甘いか鹹いかはっきりしない「月餅」があまり好きではなく、しかもピン子ママもあまり甘いものが好きではないので、余った月餅達が自然と我が家へ流れてきてちょっと苦労する。

それに比べて文旦は、体にも美容にもいいし美味しくて大好き。

DSC_1029.jpg


ただ、この皮が意外に頑固もので硬く、時々皮の汁で手がかぶれてヒリヒリするのが難点だけど、
でも美味しいんだな~

それで今年も、せっかくのピン子ママのご好意と、有難く山のような文旦をもらって家に帰ってきた。

でも、今年の文旦、今までのものとちょっと違う。

違うのは、なぜか一個一個の文旦に漢字が一文字書かれてあること



R 「ママ、これって何の意味なの??」

なんかの拝拝(お供え)のおさがりかしら・・・・?と思って聞いてみたら、


ピ 「ああーそれはね、友達が何人か文旦を持ってきてくれたけど、量が多くて誰のか
   見分けがつかないので、後で一番美味しかった・甘かったのは誰のだったかわかるように
   それぞれもらった人の名前を書いたのよ。 
   こうすると誰からもらったのがおいしかったかそうでないかわかるでしょ。」

だって。笑

月やら梅やら好・・色々と暗号のようなものが文旦の上に記されてあったのはそういう訳か。

ピン子ママと友達の文旦チェックか、ピン子ママ達は人から同じ果物をもらった時にこうして評価しあうらしい。

うーん、台湾のオバサンに果物を送ると、チェックが手厳しいぞ・・・・。


よくよく見たら、
ピン子ママからもらった文旦の中に、3~4個、見た目的にもグニャグニャで腐りかけているような色の文旦を発見。


R 「ママ、なんかこれ腐ってない?(苦笑)」

ピ 「ないよ!文旦はねー、皮が柔らかくなって、色が茶色に変色したのが一番甘いのよ!」


私はてっきり「はよ食べろよ」という意味でくれたのだと思っていたけど、
違ったのか。^^;

実際にそのグニャグニャ文旦を食べてみると凄く甘かった。

でも飛んだ文旦の皮の汁で、やっぱり今年も手がヒリヒリです・・・・。



にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ ご訪問ありがとう♪その他台湾情報はこちらにもあります

人気ブログランキングへ 応援ポチ宜しくお願いします♪
関連記事
2009.09.29 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://realworldtaiwan.blog45.fc2.com/tb.php/489-a5c8a796
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。