♦♦♦♦♦♦♦♦♦ 国際結婚で台湾在住、柴犬3匹との台湾生活を綴っています。あっという間に台湾11年。  ♦♦♦♦♦♦♦

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
クリスマスが終わってすぐのこと。
小吃店で台湾の新聞を何気なく読んでいたら、このような投稿文を見つけました。


「心の準備も全くないまま、ある日突然勤め先からリストラの通知を受けてしまった。
会社側は解雇手当てを支給してくれたものの、 毎月の支払いもまだあるし、果たしてその手当てがこの後どれくらいの生活の支えになるのか、今の私には皆目検討もつかない。


帰宅後、家族全員にこの悪いニュースを伝えると、上の娘はそれを聞いた途端、わあわあと泣き出し、当の私より傷ついていた。

続いて何日か忙しく会社へ出向いて離職手続きをし、かなり早くに家に戻ってきたので、家族がすぐに食事にありつけるように、いい匂いをさせて娘達を待っていた。そして晩御飯の後は部屋に残って娘達の勉強を見てあげた。

家事は残して明日またすればいい。どうせ私には時間が山ほどあるんだから・・。

そんな日々の下、娘達はあの時母親がリストラに遭って驚きふためいた事を少しずつ忘れていき、代わりにある種の楽な感覚に取って代わっていったようだった。

私は学校を卒業してから、今までずっと仕事を続けてきた。
途中何度か転職してはいたものの、その全部が早い内に他にもっと良い仕事を見つけていたからで、たとえ出産を二回経験しようとも、毎回産休期間が終わるとすぐさま現場に復帰していたのだ。

だから今まで一度も専業主婦になったことがなかった私の子供達も、小さい頃から母親が朝早く出かけ夜遅く帰る、歩調の速いそんな生活にずっと慣れていたのだった。


そんなある日、娘が私に言った。

「媽媽,妳沒有工作真好。(ママに仕事がなくて本当に良かった)」

そう言われて、私はふと気がついた。

私にとっては天から降って湧いたようなこの悪い出来事も、
子供達にとってみれば逆で、
娘達には前よりも より多くの母親の愛を与え、受けとらせることが出来ていたのだ。

これがどうして良い事でないと言えようか。」



【2008/12/26 聯合報】@ http://udn.com/
台湾連合新聞網より(繁体中国語) 原文「媽媽,妳沒有工作真好!」




台湾は女性が結婚後も仕事をするのは当然、既婚未婚問わず女性幹部が多い、専業主婦が圧倒的に少ない、そのようなことをよく耳にします。

(だからといってそうじゃない人を馬鹿にするのもちょっとね)

確かに在る程度の年齢の既婚女性が仕事をする上では、台湾のようなこう言った基盤があるととてもやりやすいです。
でも金銭を追求するあまり、両親ともに共働きで忙しくなり、幼い子供がいる家庭では子供がある種犠牲にならざるを得なくなります。

「周りはみんな子供を預けて働いてるから」
「台湾では当たりまえだよ。」
「学費のお金稼がないと。」

そういって、遅くまで安心班や親戚・お婆ちゃんの家に預けている家庭をここでは多く見かけるのです。日本も保育所などに預けて働きに出る家庭が同じように多いと思いますが、預けっぱなしの台湾と比べると、やはり仕事を持ってはいても、まだまだ日本の親の方が子供との距離が近いかな、そう感じます。

台湾の社会は両親が働いて子供は姑(その他)が面倒を見る、、、そのような図式で在る意味一定のバランスを取っている気がします。

しかし、こうまで不景気になると、この投稿者のようにそのバランスがどちらかに傾いて今までと同じように行かなくなる家庭も出てくるでしょう。

大規模なリストラ、ボーナスカット、給与未払い、中小企業の倒産・就職難・・・
台湾も給料22か月分のボーナスが出る自転車業界はさて置き、今年は殆どの業界が不景気の痛手を受けました。株取引で失敗した人は凄い数に上るでしょう。
陽暦の正月の後、旧正月を迎える台湾ではそれを区切りに離職数もぐっと増えそうです。

リストラに限らず、つらい出来事が多い昨今ですが、忙しい現代人が立ち止まることによって、そこで家族本来の繋がり、人と人の繋がりがなんたるかに気づく人もいるはず。
それとは逆に家庭に入っていたけど、外で働かざるを得ない人もいるでしょうが、それはそれで
新たな気づきがあるかもしれません。

確かに不幸を転じて福とするのは誰にもそううまくできることではないし、何がいい、悪いなんて私にはわかりませんが、でも投稿者のように少しでも前向きに、方向転換して行ければ
新年を迎える気持ちも変わって来るのではないでしょうか。


今年も残すところあと少し。 いい心構えで新年を迎えたいです。



(自分なりに訳したので、ちょっと原文を直訳すると内容が違うところもありますが(ごめんね~)
台湾社会の側面を色々と表しているような、そんないい文章でした。)



にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ いつもご訪問ありがとう♪その他面白い台湾ブログはこちら!

人気ブログランキングへ お好きなミルたんをポチっとお願いします♪
関連記事
2008.12.29 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://realworldtaiwan.blog45.fc2.com/tb.php/387-9d5b82e6
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。