♦♦♦♦♦♦♦♦♦ 国際結婚で台湾在住、柴犬3匹との台湾生活を綴っています。あっという間に台湾11年。  ♦♦♦♦♦♦♦

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
陰暦での正月最後の日は元宵節という。日本で言うと、一月十五日と同じ感覚かな。


毎週の行事である実家帰りもしていなかったので、夫Hが近所にある五福宮というお寺のランタン飛ばしに誘ってくれた。

この日の最後になると台湾ではそれぞれ願い事を書いたランタンを飛ばして一年の安泰を願う。

お寺まで行くのにマンションから徒歩20分ほど。
恐ろしく距離感が近い(苦笑)打ち上げ花火も沢山空へと打ち上げられていたので夜でもお寺の場所がすぐわかる。

ランタンを飛ばす広場に到着すると、既に移動舞台型トラックのステージ上では、台湾のオバサン達が超スローなジャズダンスを表演中。きっとダンス教室なんかのグループだろう。^^;

          1.jpg


そのステージの向かいには、お供えの机にたくさんランタンが乗せられている。

 
rantan06.jpg 


その薄く破れそうなランタンに、私と夫の名前、そしてその家族の健康と子宝を願いサインペンで力強く書き込こんだ。

           chinese new year


たくさんの中国語の願いの中で日本語の願いがあると、神様にも目につきやすくて願いを聴いてくれそうだ。

            chinese new year


お互いに顔も知らない人達が共に協力しランタンを一つ一つ暖めていくと、みるみる内にランタンが空へ吸い込まれるように飛んでいく。

年年、環境保全の為にこのランタンの数も減っているらしい。

でも、夫婦二人で書いたランタンに書いた願いが、遠い空に消えていくのを見ると、台湾で住むのも悪くないなと思うのだった。

          chinese new year
関連記事
2005.02.24 / Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。