♦♦♦♦♦♦♦♦♦ 国際結婚で台湾在住、柴犬3匹との台湾生活を綴っています。あっという間に台湾11年。  ♦♦♦♦♦♦♦

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
nanko002.jpg



台湾の話はおいといて、ここらで私のふるさとである大阪の話題を・・・。

この時期に半そで着ちゃってる季節外れの写真をおみせして、余計に寒く感じたらごめんなさい~

今日は色々と大阪市の財政を騒がす原因にもなったという噂のベイエリア、大阪南港の様子と大阪の夜景をご紹介したいと思います。


nanko001.jpg


大阪市住之江区にある南港とよばれる「咲洲(サキシマ)」。

咲洲北部にはATC(アジアトレードセンター)やWTC(ワールドトレードセンター)の大きな施設があり、私が若い頃はここのショッピングセンターはそれはそれはにぎわっていました。

ここは輸入雑貨が安くて変わったものが多かったので、交通の便が悪い(遠い!)にもかかわらずよく買い物に来ていたんですよね。

でもそれは昔の話のようで、この前訪れた時はお盆だと言うのに人影もまばら。
ATCにある「MAREマーレ」とよばれるアウトレット商品を扱っているビルはテナントも空が多くなんだか寂しかったです。

でもね、その中で一軒、なんだか面白い店を見つけました!

上の写真の一番下を見ていたでければわかりやすいんですが、お店(二店舗借りている)の中に所狭しと置いてある膨大な量の玩具やフィギアの数々!!

通りがかる誰もがびっくりしてしまうフィギアのお店なのです。

何が面白かったかって、店長がちょっと変わりもの。^^

頑固なのか、色んな「俺ルール」があってそれを紙に書いて張っており、全て店長が書いた直筆。そしてビルの経営者に対する愚痴や名指しでの文句、客足の少ないATCのための宣伝ビラも。

読んでいると、なんか大人の事情で色々苦労されてるようで、ウキウキ観光気分で来たはずが、ビルの存在自体に空虚さを感じてしまい、ちょっと暗いモードになってしまいまひたよ。^^;

でも大阪はこういう変わったお店多いんです。下着屋とか、お好み焼き屋とか・・
「勝手に商品に触るな」とか、「冷やかしなら来るな」とか色んなルールがある頑固な店長が居る店がね。^^;

私達はちょうど柴犬のリアル人形(手作り・アメリカ製)を探していたので、恐る恐るその店長さんとちょっとお話することができましたが、予想外に普通のいい人でした。^^

こんなに大小沢~~山のフィギアでぎっしり隙間がないくらい埋め尽くされているのに、そのすべての商品がどこにあるのか把握しているらしくて全く凄いの一言。

おそらくこの店はフィギアや人形では世界一の品揃えではないでしょうか。(いやマジで)


nanko04.jpg



いつも港周辺に来る度に、赤いキリンが水辺で水を飲んでるように見えるコンテナクレーン。笑

ここに来て気になるのは何も赤いキリンだけではなくて、景色を見ていると昔のことを色々と思い出します。

港は切ない思い出が多いなあ。

自分の若い頃って言えば、ドライブとかデートはこういった港や海の見える場所が定番だったので、込み入った話もよく海の見える所でしていました。

だれかの歌詞じゃないけれど、『さよならを海に捨てにくる』ってのはあながち歌の中だけの話ではないんですよねえ。

そんな私の感傷気分を吹き飛ばすかのように、横に居る夫は明るくウキウキ観光気分でカメラをバッシャバシャ。w

でもそんな明るい夫と一緒に再びこれたことで、いい思い出が出来そうです^^


nanko06.jpg



ところで、

どうでもいいことなのかもしれませんが、WTCの展望台にあがる時、エレベーター内で案内係が


「前方に見えますのは、ミズノ本社ビルでございます」

と毎回教えてくれるんですけど、

自分はその近くに見える海の時空間という変なドーム型の建物ややたらと派手なゴミ処理場方が気になります。^^;

ちなみにEVからそのミズノ本社を覗くと、上階に大きなジムみたいな施設が見えるのですが、社員さんか?誰かが仕事時間中に運動しているのをみると、やはり世界のミズノはリッチだなあ~としみじみ。


~夜の部へつづく~


にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ いつもご訪問ありがとう♪その他面白い台湾ブログはこちら!

人気ブログランキングへ お好きなミルたんをポチっとお願いします♪


関連記事
2008.12.10 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://realworldtaiwan.blog45.fc2.com/tb.php/376-727a2fac
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。