♦♦♦♦♦♦♦♦♦ 国際結婚で台湾在住、柴犬3匹との台湾生活を綴っています。あっという間に台湾11年。  ♦♦♦♦♦♦♦

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
最近、なんだかまったりとした日々を満喫しております。

退院してからストレスも減ったし、家族に言いたいこともいえるようになったし、なんだかいい感じ。

きっかけは入院。

そのとき姑ピンコママに非常にお世話になり、色々気づかされました。

ただ一時間の検査のためだけに、車で朝早くから送り迎えをしてもらったり、
入院中も少しの時間だけでも・・と顔を出してくれたり、
食べたいものはない?と合うたびに食べきれないほどの果物をくれたり(笑)・・・・。

嫁とは言え、元は他人同士なのに、さらに私は外国人なのに、まるで自分の子供のように世話をしてもらいなんだか本当に申し訳なくって、頭が下がる思いです。


結婚当初は、毎日夫や友人に姑ピンコママの愚痴ばかりこぼしていたのに、最近自分の口からはそれさえも出てこず、むしろ毎日感謝しているくらい。


ピ 「reachiaがこんなにしんどい思いするなんて。もう不妊治療しろなんていいたくないよ。」

ここんところ、ピンコママの口から出る台詞は数年前とはうってかわった優しい発言ばかり。

もしかしたら、不妊治療というのは、子供を求めるだけではなく、違う方面の作用もあるのかな・・・なんて考えてしまいました。


ただ、やっぱりそのまま平和ってわけにもいかず、

退院後すぐ親戚のオバサン約一名から、

「reachiaは麻油鶏(マーヨウジー)とか薑母鴨(ジャンムーヤー)食べないから子供できないし、入院するほど身体が悪くなったのよ。」


といわれ、せっかくここまでに癒され和んでいた私の腹に久々にむかっ腹が宿りましたがな。 ^^;(副作用じゃぃ)


麻油鶏が分からない人に解説しますが、

麻油鶏っていうのは、鶏肉をごま油と大量の酒(なんと酒一瓶)で煮込んだもので、滋養強壮にいいと台湾女性がよく産後に食べる食べ物です。(噂では子供でも食べてるらしいよ。)

そして薑母鴨というのは、冬になると台湾でかなり食される鍋で、よく黒色の鳥の看板を掲げているお店がその鍋の目印。


かなり昔、テレビで久本雅巳さんがビビアン・スーのガイドで台湾に訪れていた番組があったのですが、そのときビビアンに薦められて久本さんもこの薑母鴨鍋を食べていたことがありました。
でも、久本さん、食べた瞬間に

「うわ~!まず!これ駄目!薬みたいで美味しくない!」 

と吐き出しそうな顔になり、その場に居る日本人は誰も食べられなかったんですよね。^^;

ビビアン・スーは

「え~美味しいのに~~」

と不満そうに言っていましたが、これこそまさに異文化の味覚の違い。

薑母鴨もやっぱり沢山のお酒に生姜や漢方みたいなのも入っており、身体が暖かくなるといって冬になると遠路はるばる車に乗ってお客さんがやってくるというくらい、好んで食べられる品らしい。(おいおいこれって飲酒運転じゃ?w)

でもこの二つは台湾に嫁いだ外国人女性が苦手とするものの代表・・といっても過言ではないほど、
外国人妻には不評。苦笑

私自身も味が無いような感じがするし、大量に入れた酒と油の匂いがきつくてもう即アウト。(これって家庭ごとに味が違うのかしら?)
ビールや日本酒、ワインは大好きでも、酒臭い食べ物は苦手なので匂っただけではきそうになりますた・・・。

でも台湾人に「麻油鶏美味しいのに~」といわれる度に、味覚文化の大~きな壁を感じて戸惑います。
あっさりしていて油と酒の少ない誰でも食べられる、美味しい麻油鶏があるというのなら、ちょっと食べてみたい気もしますが・・・・。
ちなみに夫Hはというと、私同様、麻油鶏と薑母鴨が全く食べられません。それで助かってるときもあるんですけどね。

台湾の特に年配の女性なんかは「麻油鶏崇拝者」が多い気がしますね。

長年食してきてそれが良かったからと信じているからだと思いますが、ことあるごとに、たとえ外国人に対しても、

「麻油鶏を食べればすべて治る。」

という人にたまに出会います。

台湾に嫁いだ友達にも、産後麻油鶏がどうしても口にあわずに食べなかった方がいるのですが、子供が大きくなっているにも関わらず、事あるごとに毎回親戚連中から

「あの時麻油鶏食べなかったから○○なのよ。」

と未だにブツブツ言われてると聞きました。台湾の習慣に慣れようと本人も必死で努力してるっていうのに、ちょっと可哀想だなあ。
誰にでも食べれないものってあるし、外国人なら習慣の違いでなおさらなのに、一つだけ食べられないからって全てを否定するような言い方をされるのはちょっと我慢ならない。日本だって、j健康によくても外国人には苦手なものって沢山あるけど、私は強制したりしない。


「麻油鶏たべないから不健康なのよ。」
「麻油鶏食べてないから子供が出来ないのよ。」
「麻油鶏たべないからよ、きっと!」


こういう台詞は、私もよく言われたけど、
なんでもかんでも麻油鶏や薑母鴨を食べてないせいにするなっちゅーねん!(`Д´)ノ 
じゃあ他の国の人はどうなる?麻油鶏を食べない外国人はみんな不健康になってるってこと?苦笑


台湾では麻油鶏を食べると産後の肥立ちにいいとか、母乳の出が良くなるとか言われますが、日本では母乳に食べたものが出るということで、産後は酒が入ったものは摂取してはならないと医者や育児書でも強くいわれているはず。
だから母乳をあげている段階で、母親が酒が一杯入ったものを食べるってのも子供の身体に悪影響はないのかちょっと心配になってしまいます。

少々のアルコールなら煮立たせれば飛ぶけれど、大量になると飛ばすのは無理じゃないのかと。


なんだか子供を生む前から別のストレスを抱えそうなんですけど^^;。う~ん。

台湾の麻油鶏好きな人います?



にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ いつもご訪問ありがとう♪その他面白い台湾ブログはこちら!

人気ブログランキングへ お好きなミルたんをポチっとお願いします♪
関連記事
2008.12.09 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://realworldtaiwan.blog45.fc2.com/tb.php/375-ef715464
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。