♦♦♦♦♦♦♦♦♦ 国際結婚で台湾在住、柴犬3匹との台湾生活を綴っています。あっという間に台湾11年。  ♦♦♦♦♦♦♦

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
DSC_0086.jpg


どうでもいいことなんですが、今通院している病院で、
案内標識の字体が何故か「超~~音~~波~」「洗~手~間~」と、
ガクガクブルブル((;゚Д゚))  恐怖文字になっているのが凄く気になる今日この頃・・・。


恐怖つながりでなんですが、入院中にこんなことがありました。





入院時、本当は相部屋希望だった私は(お化けとか)人が居ると何かと安心だと思ってたのですが、生憎どこも満室で空きは一人部屋のみ。

台湾でも保険外で3500元(約1万1000円/日)も取るの?とちょっと不満でしたが、素直に一人部屋に暫く泊まることになりました。

病室は特別な特徴もなく、いたって単調。でもほぼ全部屋テレビ、シャワー・トイレ付です。

1人部屋はマッサージシャワーとウォシュレットトイレになっていて、
電動ベッド、冷蔵庫、液晶テレビ、客が沢山来ても座れる長いす・・・・そして大きな窓から陽明山が半分見えて眺めもまあまあ。

大体の台湾の総合病院は特別決まった消灯時間がないので、夜中の12時でも起きてようが怒られる事はないのですが、どうも寝つきが悪く、病院だから緊張して寝れないのか、気がつけば夜中の2時になっていました。


テレビも特にいい番組はないし、本当にちゃんと寝ようと思った時、




『コン・・・コン・・・・・』






 ( ´゚д゚`) エッ・・・・  コンコン? 






そう、カーテンが引いてある大きな窓の外側から、誰かがノックしている音が聞こえるんです・・。

ここは8階。

空耳、風の音か??とおもっては見たものの、暗い病室の中で息を呑んで暫くもう暫く待ってみると、やっぱり、



『コン、コン・・・、』





 ヒー! ノ)゚Д゚(ヽ 間ニ合ッテマスー





普段はすごく怖がりな自分なのですが、このときばかりは何故か思い切って窓まで近づいてやる!と点滴引っ張って見に行くことにしたんです。


が、窓に近づく度にそのノックの音は止んでしまいます。


でも、また私が寝ようとすると、





『コン・・、コン・・』






(`Д´) ムキー! 


ストレスたまってたからか、イライラした私は、とりあえず電気をいっぱい点けておいてから、
窓の大きなカーテンを思い切り「どりゃぁ!!」 と投げるようにめくってみました。



そしたら、なんとそこには






pigeon_kiss2.jpg 
  
                鳩やがな・・。 ヽ( ̄Д ̄*) ポッポォ・・



しかも私の病室の窓だけに巣を作っていて、そこでツガイで乳繰り合ってたんですね。(だからコンコンと)


原因がわかってほっとしましたが、病院で夜中に実際起こると心臓に悪いわwww。 


鳩め~~

病室で「ほんとにあった怖い話」を見て寝付いたから(しかも病院編)、怖さ倍増してたんでしょうね、きっと^^;。



にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ いつもご訪問ありがとう♪その他面白い台湾ブログはこちら!

人気ブログランキングへ お好きなミルたんをポチっとお願いします♪



関連記事
2008.11.27 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://realworldtaiwan.blog45.fc2.com/tb.php/372-c3f08d90
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。