♦♦♦♦♦♦♦♦♦ 国際結婚で台湾在住、柴犬3匹との台湾生活を綴っています。あっという間に台湾11年。  ♦♦♦♦♦♦♦

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
pitan3.jpg



*暖かいメッセージありがとうございました。
今思うとやっぱり不自由な面もあり、色々考えたり、寂しかったので嬉しかったです。
元気が湧いてきましたよん。^^

元気が出たついでに、日記を更新するとしますか。^^

さてさて、
1週間ぶりに我が家に帰って有る程度の覚悟はしていたものの、床は発情期のミルクの血の跡だらけ(苦笑)だし、玄関に飛び散るピータンの羽や餌のガラ、溜まった洗い物に冷蔵庫の中の腐った野菜やオカズ達・・・・・あぁ・・・。

忙しい夫に時々助けてもらったとはいえ、主婦の目からするとまだまだまだまだ不十分。
久々に会ったミルクとの熱い再会をよそに、部屋の現状を見てゲンナリしてしまいました。^^;

病院にいたからか、鼻も凄く敏感になっているようで、部屋の犬臭さ(ミルク臭?w)でダブルパンチ。
即効で空気清浄機をガンガンかけてます。

部屋って、有る程度距離を置いてから客観的に「匂う」と非常によくその「実態」がわかる、まさにそれ。

まあ部屋は明日からゆっくりと掃除していく事にするのでいいとして、

飼っているインコのピータンなんですが「彼女」にちょっとした変化があったんですよね。


DSC_0758.jpg


それはいつのまにかピータンの鼻(くちばしの上)がいつのまにかキレイな水色になっていた事です。

ええ~ピータン、君、オスだったのか

インコのオスメスの見分け方は、くちばしの上の部分の色で大体決まるそうです。例外はあるようですが、水色ならオス、白・茶色がかったものならメス・・と。

ピータンを拾ったばかりの頃に一度インコ好きの方に見てもらったのですが、その頃はまだ色が薄かったので

「この子はメスだよ。」

と言われ、ずっと私たちはピータンをメスだと思い込んでたんですよ。インコは羽化してから半年ほど経たないとちゃんと判断できない場合もあるそうで、おそらく私たちが拾った時は3ヶ月も経ってなかったのかなあと思います。

メスだとばかり思っていたので、オスだと言われても踏ん切りがつかなかったのですが、

『セキセイインコはオスの方がおしゃべり好きで・・・』

と、どこかのインコHPに書かれてあった説明文を見てほぼ確信。苦笑

実はピータン、毎朝毎朝めちゃくちゃうるさいのです。^^;

どっから出るんだあの声量というくらいの大きさで鳴き、喋ります。まだ人間の言葉は覚えてないのですが、インコの場合は男がおしゃべりだなんて、なんだか人間と逆で面白い。


夫 「やった家に(男の)仲間が出来た!これで二対二だ~」

と夫Hは喜んでますが、しかし二対二になっても我が家はやはり女性が優勢です。苦笑

関連記事
2008.11.19 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://realworldtaiwan.blog45.fc2.com/tb.php/370-6e59b0c0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。