♦♦♦♦♦♦♦♦♦ 国際結婚で台湾在住、柴犬3匹との台湾生活を綴っています。あっという間に台湾11年。  ♦♦♦♦♦♦♦

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
台湾はもうすぐ旧正月。

そろそろ大掃除の時期に入っています。

お寝坊して夫Hと二人で実家へ到着すると既にお隣の親戚一家も窓を拭いている。

やばいな~出遅れたかな~とオズオズと家に入ると、既に掃除も半分終わっている。汗

ヤバッ!これでは嫁の立場がないやん~~><

と急いで二人で実家の窓と網の掃除をしました。台湾では親の家の掃除も手伝わないと駄目なのねん。

よほど後々やってくる旧正月がお目出度いのか、台湾家庭ではウキウキ気分で掃除しているように見える。

そういやテレビのCMも旧正月や掃除グッズのCMが増えました。日本の年末みたいだ。

実家の大掃除の後、気分転換にと旦那の用事で台北に行くことにした。


『reachia、晩御飯はどこにいこうか?』
『永康街・ヨンカンジエがいい!』

いつも通っているはずの永康街(マンゴーカキ氷の有名な氷館や小籠包の店が多いヨンカンジエという通り)に急に行きたくなったのだ。
師範大学の駐車場に車を停めて、そこからヨンカンジエまで歩くことにした。


大体ここを通っている時間は学校が終わってからの明るい時間帯だけ。

今回夜に初めて通ったんだけど、いつもと違った雰囲気で面白かった。

夫Hはここを初めて通るので、日本人の私がヨンカンジエを案内してあげた。笑

永康街は観光客も多い長いストリートだ。

師範大学の裏手から始まって台湾の犇めき合うマンション・アパートメントを挟みながら、沢山の店を進みテンタイフォンの大通りに出るまで続いている。

ここにくるとどこに入って食事しようかいつも迷うんだ。

その後振り出した雨が大降りになってきて、早く帰りたいという夫の意見を尊重し帰路に着く私たち。

たまには・・・・と今まで通ったことのない公園裏側のもう一つの永康街を通って帰ることにした。美術品や骨董屋さんが続き、暫く歩くと、なんだかおしゃれな店が続く台湾っぽくない通り。

小さなカフェやケーキ屋さん、イタメシ屋に、ブティック等のショップが立ち並ぶ。
永康街の外れにこんな場所があったなんて意外だ。
表側からみえる永康街が賑やかな台湾っぽい反面、こちらは静かで落ち着いた雰囲気なので『裏ヨンカン』と勝手に名づけてしまった。

               40.jpg


雨の中写真を撮ってみたけど、初めて見る人はきっと台湾とは思わないだろうな。
関連記事
2005.01.21 / Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。