♦♦♦♦♦♦♦♦♦ 国際結婚で台湾在住、柴犬3匹との台湾生活を綴っています。あっという間に台湾11年。  ♦♦♦♦♦♦♦

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
hato1.jpg
大阪・モノレール大日駅近くにて





数日遅れの夏バテで撃沈・・・・。

年取ると疲れが後でやってくるといいますが、今年も腰痛や身体のだるさが酷かったぁ!

帰省中はPC開く気力がなく寝てました。^^;(コメ返しできなくてすいません・・)

台湾に帰ってからようやく復活したんですが、今日は姑ピンコママが帰国するのでまた空港まで行ってお迎えです。^^;ちなみに昨日は実家の大掃除DAYでした。(ミルクの汚した跡綺麗にしなきゃ)


今日からぼちぼちっと台湾を織り交ぜた帰省日記をつづっていこうと思いますので
どうぞ宜しくお願いします。


今回帰省した時期は、突然の大雨に朝から轟く雷など「けったい」な天気に何度も遭遇。

今年は突然の豪雨の怖い事故も多かったですよね・・・。

雨が降らないと困りますが、雨が降りすぎても大変です。
だからといって温度は下がらず、もう暑い、暑い、暑い日々。
日本に帰ってましになると思えば、逆に汗がすごくて毛穴開きっぱなしですわ。

実家のマンションが高い場所に位置しているので、遠くにある雷と雲をパチリ☆
辺りを一望できる場所なので雨雲が向こうからどんどんこっちに近づいてくる様子がよく見えます。
でもマンションの上階だと、雷もすぐ真上から音がするので怖かったです。


kumo.jpg



今回は練習も兼ねて200ミリレンズを持参したので今までよりも遠くのものを撮る事が出来ました。^^
ただアナログ仕様のレンズなので、私みたいな素人ではどうしてもボヤけてしまうんですよ。


kumo01.jpg
発達した入道雲(晴れ間が垣間見えるけど、下は真っ黒な雷雲)



ところで、子供の頃は親が言う「雷がなるとへそを取られるで!」というのを本気で信じていたウブな私なんですが、あれは何故にへそなのかなそう思ってネットで調べてみました。

雷が鳴る=雨が降る=気温が低くなる=腹が冷える=お腹を(へそ)をちゃんと隠すようにしなきゃだめ!という保護者からの戒めの意味がはいっている説と、

背を高くしていると落雷に遭い難くなるので、身を伏せ、自然とへそを守るような姿勢になることから、「へそを隠せ」と言われるようになったとありましたよ。


ず~っと前で裏覚えですが、テレビアニメの昔話かなんかで、
雷小僧が子供から取った『へそ』を集めて料理し食べていた物語を見たことがあるように記憶しているのですが、その「へそを食べる」という行為が、アニメだろうが子供心に凄く衝撃を受けて、当時雷といえばそのアニメばかりが頭に浮かんでしまいえらく腹の辺りが気持ち悪かった覚えがあります。w

台湾では何かこういう雷についての言い伝えがあるのか?と夫Hにたずねたところ、

夫H 「えぇー、なんかあった気がするけど、僕迷信とか信じないから知らないよ。(  ̄◇ ̄)」

とあっさりとしたお返事。

世界の「雷が鳴ったら・・・」説、調べてみると面白そうです。

ついでといってはなんですが、今回は京都で 風神雷神図(俵屋宗達)も撮影してきました。

あの天井に描かれた龍神さんも。

今回の帰省は京都盛りだくさんどすえ~。 


後日UPしますので、こうご期待!笑 (期待してなくても見てもらう!w)


関連記事
2008.08.22 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://realworldtaiwan.blog45.fc2.com/tb.php/332-7424aeca
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。