♦♦♦♦♦♦♦♦♦ 国際結婚で台湾在住、柴犬3匹との台湾生活を綴っています。あっという間に台湾11年。  ♦♦♦♦♦♦♦

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
夫Hは男三人兄弟の長男です。

従妹の中でも年齢が一番上であるので、義弟からはもちろん、従妹からもその彼も私のことを長男の嫁=大嫂と呼んでいます。

かといって、大嫂といわれていても、そんな大した事なんてしていません。申し訳ないくらいです。


本日はどうしてこのような事を話題に出すかといいますと、先日とある出来事があったからなんですね。


うちの姑、ピンコママはいわずとしれた潔癖症の超綺麗好きで有名です。笑

お皿や鍋、台所の戸棚に並ぶ物、コンロ周りをみれば一目瞭然。台湾家庭では油物が多いのですが、そんな油汚れなんて毎日マジックリン♪で、一滴も残っていません。
ほかの台湾人主婦が実家へ遊びに来る度、『なんて綺麗な台所なの!』とビックリさせていますね。


そんな綺麗な台所のある実家で食事をする時は、食後の後片付け、皿洗いはもっぱら私の仕事。
でも、厳しい姑の目が光って、

ピ  「まだ汚いよ!もっかい洗いなおし!」

と言われて一体何度洗い直したことか・・・・。それから暫く実家で嫌と言うほど念入りに皿洗いをしたにも関わらず、


「手伝います!」  と言っても何故か  「不用 (いいよ)!」

「皿洗います!」  といっても何故か  「いい!私が洗う!」



とお皿を奪うようにして言われ、ある日を境にお手伝いすらも何も出来なくなった。


(汚いと決め付けている? (- -;) )

自分なりに気をつけてしっかり洗い、掃除していたのに、あの綺麗好きなピンコママには認めてもらえなかったようです。


「ああそうだ、ママから伝言。・・・・・・怒らないでね・・・・・・reachiaの皿の洗い方が汚い!って言っといてくれって言われた。」

『はぁ~~~???  (-(ェ)-メ)』


私に面とむかって言えよピンコめ、、、、、


じゃあ、台所で二人っきりの時にちゃんと言ってくれよって!


その上、毎日実家での家事のやり取りを見ているはずの夫さえもなんのフォローもしてくれない。

それでまた喧嘩勃発。


R 「じゃあもう実家では何もしないから!言われた事外国人だけど、一生懸命やってるのに、結局人がすると嫌なんでしょう?自分がしないと気に食わないんでしょう?」

と言うと、

夫 「じゃあ今度はあの嫁何もしないね!っていわれるよ。うるさく言われてもあわせてよ!reachiaは大嫂だから家の事とかやらなくちゃいけないの!皆がreachiaを大嫂と呼ぶのはそういうわけだよ。・・・・・・聞いてなかった?こんなの知ってたら結婚しぶった・・・・・・?」

R 「聞いてないし。(きっぱり)」


大嫂(ダーサォ)という台湾家庭での長男の嫁は、いわゆる台湾家庭で一番地位が高い・大意張りできる女性という意味でも有る。

うちの旦那の家族は男ばかりなのでゆくゆくは大家族になるだろう。
その大家族のご飯を作ったり、面倒をみたりと大変な役目の方が多く、正直面倒くさい。


周りに自分の言うことを聞かせる事も多いそうなので、台湾の女性は「大嫂」になりたい人が多いというが、多分それも現代の台湾では既に時代錯誤的感覚ではないかと思う。


だから私は『大嫂』と呼ばれるのが嫌いだ。


でもうちのピンコママは大嫂ではないのに、いつでもどこでも、偉そうに取り仕切っている。

そんなのアリ?^^;
関連記事
2005.01.07 / Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。