♦♦♦♦♦♦♦♦♦ 国際結婚で台湾在住、柴犬3匹との台湾生活を綴っています。あっという間に台湾11年。  ♦♦♦♦♦♦♦

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
water1.jpg



なんかどっかの宣伝ポスターみたいになってしまいましたが^^;w

今日はちょこっと「お水」について。 林森北路のオネーチャンの話じゃないですよ

台湾では、水道水のことを「自来水」と言いまして(台湾語では水道水)、水道局の浄水技術も随分よくなったと聞きますが、生水をそのまま飲むという台湾人に今までお目にかかった事はありません。^^; 殆ど皆さん煮沸浄水するか、店で水を購入して飲んでおられますね。

台湾人は結構「水」を重視するので、店先や会社にも純水器(温水:冷水が出る)が置いていたり、客人にもお茶ではなく、白湯とかパックのミネラル水を振舞う所も。お茶よりもミネラルを持ち歩く人も多いし、だからか、何かにつけて『水を多く飲め!』と言われることが多いのもわかります。

でも、ずっと前結婚写真で来台した時、写真館の人から
「さあどうぞ♪ゆっくり飲んでね」
と、大きなコップにいっぱい入ったお湯を渡された時は面食らいましたが。^^;)


もともと浄水技術の高い日本は、各地域によって差があれど、水道水を生でガブガブ飲める地域も今もあるようで、ホント素晴らしいです(・∀・)。イイ!
でも都市によっては残留塩素が気になって、習慣か過去の先入観からか、水道水はまだ飲めない自分ですが・・・。

昔、会社関係の方と飲みに行った某地域のお店で、美味しかった水割りがえ~らくまずくなった時がありました。後でその店のマスターが、カウンター越にミネラルウォーターの空瓶に水道水(生水)をこっそり入れてるのを見てしまい、

「げ!水道水だったのか!まず~!!」

とびっくりしたことがあります。^^; そこは都会だったので余計まずかったし。

だからか、かれこれ10数年くらい生水を口にしておらず、日本といえどこの状態で生水飲んだら、やっぱり慣れずにお腹壊すかも。苦笑)

自分も台湾来てからすぐは、お腹がちょっとユルユルになりました。多分、台湾の水の硬度が高いせいもあると思うんですが、硬水に弱い私はきつかったです。軟水になれている日本人って損かもなあ。

(ちなみに水道水が飲める基準に達している国・都市: 日本、シドニー、ホノルル、サンフランシスコ、バンクーバー、デトロイト、アトランタ、ヘルシンキ、ストックホルム、コペンハーゲン、シンガポール、ウィーン・スコットランド・・・・らしいです)


water2.jpg



我が家はというと、
備え付けの「純水機」の水電気ケトルで煮沸BRITAで更にろ過冷蔵庫で保存・・・というやり方で飲み水を作ってまして。

ハイ、そうです、めんどくさーぃです(´Д`)、でもしょーがなーいです。
目に見えない物なので、徹底してやりたくなるんです。^^;


**基本的に純水器の水は、純水レベルにろ過すること以上にろ過しようがなく、細菌・重金属はもちろん、ミネラル分も除去されたピュアな水。ミネラル(硬度)の高い水質だと、お腹がすぐ緩くなる胃腸の弱い人や、赤ちゃんには非常に適しているそうです。
ミネラルもなくなるということですが、ただ人間は水のみからミネラルを摂取するのは現実的には不可能で、他の食料飲料で摂取していることから、水は有害物質を除去することがまず大事らしいです。(純水器では99%~95%の除去率)
ただ自分が使っている純水器のメンテナンスや使用年数、台湾の各地域の水質がはっきりわからないため、不安が残るので、個人的判断でやっており全てがこうしないととは限りません。ちなみに私はこの機械の営業マンでもありませーん^^;



3年前になりますか、どうも体の調子が悪いので台湾太太を持つ日本人クラスメートに相談したところ、
「あ!浄水器のフィルター取り替えてる?お水は大事だよ、早く換えた方がいいよ!」

といわれ、全く知らなかった私はあわてて取り替えた事があります。それ以来身体の不調も収まったので、やはり水は大事なんだなあと。ウンウン。

そのフィルターですが、ちょっと交換時期を忘れてしまうと、サビだか、浮遊物だかわかりませんが、こんな茶色になっちゃってました!ヽ(´Д`lll)ノ(原水を通す①番のフィルター)

*お見苦しいモノをお見せしてスイマセン*

台湾の浄水処理技術の良し悪しをいうよりも、家庭内や住宅周辺での二次汚染もあるようです。
浄水器を通しても、安心できずにさらに煮沸しているご家庭も多く、皆さん手間隙かけられてるみたい。

二次汚染では、集合住宅等で例えば洗濯時にホースを使って水が逆流して汚染してしまったり、地下にマンションの貯水タンクがある場合は上から水漏れしてタンク内が汚染したり、タンク未洗浄で長期間放置や、タンクが大きすぎて菌が繁殖し汚染することもあるそう。

このような台湾は浄水器の種類も色々あるようで、イオン水とか、日系メーカーのものも売られています。家でつけているのは、この古めの純水機で、前の住人から受け継いだもの。年季入ってますが、まだまだ使えそうです。

こうして普段から飲み水に気を使ってしまうと、日本のように水道ひねれば安全な水が出てくるってことが、もの凄い事のように思えてきます。昔はアタリマエ感覚だったんだけどなー笑。

便利な日本で住むということは必然的に「高い税金と光熱費」を払わなければならない・・・・そういう意味では、安全はやはりただではないということになるのか。


そうそう、暑い夏は、外での食事や水にも気をつけたいところです。

台北市のカキ氷屋もいくつか大腸菌が検出されたみたいですね。(下の日本ブログ村台湾ランキング1位メイフェさんの日記に書かれてますヨ


日本でもこの時期は食中毒がどんどん増えてるし、家庭で気をつけても、外であたったりしたら元も子もないっす。ヽ(  ̄д ̄;)ノ こりゃ先に免疫つけるしかないってか?




にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ いつもご訪問ありがとう♪その他面白い台湾ブログはこちらにも^^

人気ブログランキングへ お好きなミルたんをポチっとお願いします♪



関連記事
2008.07.29 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://realworldtaiwan.blog45.fc2.com/tb.php/322-51cb3e6f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。