♦♦♦♦♦♦♦♦♦ 国際結婚で台湾在住、柴犬3匹との台湾生活を綴っています。あっという間に台湾11年。  ♦♦♦♦♦♦♦

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
 pain001.jpg  




桃園郊外にあるドッグランへミルクをつれて久しぶりに遊びに行きました。

そのドッグラン、国際空港からほど近い(車で5分)場所にあるのですが、殆どの観光客は空港から直接高速道路に乗りこみ、北か南へと走っていくので、この辺りは観光バスも見えず、田んぼが広がるちょっとした片田舎です。

そのドッグランの横には、オーナーのサイドビジネスなのか、小さなパイナップル畑があるのですが、時期が来たのか沢山のパイナップルが たわわ~に実ってました。

以前ハワイ島で小さなパイナップルがちょこっと上に生っているのを一つ二つほど見たことがあるのですが、パイナップルがどうやって生るのか今まで一度も見たこと無かった私は、その地味でまっすぐな堅実的生り方にちょっと感動を覚えました。笑)

台湾となると植える幅も量もやはり違いますね~。

パイナップルといえば食べるだけでなく、台湾では縁起ものとしても有名です。

中文ではパイナップルを

 鳳梨 (feng1 li2)」

といいますが、台湾語(閩南語)の発音では

 「ong-lai(オン ライ)」 といいます。

これは縁起がいい言葉である
「旺來」(活気や勢いが来る・)と音が似ているということでお正月には各家庭でパイナップルの形をした飾りなんかがよく飾られているというわけです。

どうしても食い気が先にたつ私としては、パイナップルの民俗習慣よりも、パイナップルをどうやって食べるのかが気になります。

食べすぎは潰瘍によくないと医者に止められてたのですが、台湾のレストランで「鳳梨炒飯(タイ料理か?)」や「鳳梨蝦球(パイナップルと揚げた蝦のマヨネーズ合え)」があるとついついオーダーしてしまう私です。

お米やオカズの中に果物なんてとんでもねえ~!
という人もおられるかと思いますが、酢豚を始め、パイナップル炒飯なんかアジアン風味でとてもいけますよ、お試しあれ。ふふふ♪

日本のレストラン、キハチではマンゴー酢豚なんてのもあったようですよ。^^(今度トライしてみようかな)



次回は 「久々のドッグプール・柴犬ミルクついに・・・・・」の巻。^^





にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ いつもご訪問ありがとう♪その他貴重な台湾情報はこちらをポチっとお願いします^^

人気ブログランキングへ こちらもどうぞ宜しくお願いします♪




関連記事
2008.07.08 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://realworldtaiwan.blog45.fc2.com/tb.php/313-370c9754
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。