♦♦♦♦♦♦♦♦♦ 国際結婚で台湾在住、柴犬3匹との台湾生活を綴っています。あっという間に台湾11年。  ♦♦♦♦♦♦♦

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
a-kon01.jpg


傍の台風の影響か、先週末から茹だる様な暑さで半端ないス。^^;

昨日は台北にいたのですが、目的地まで15分程の距離を歩いたらもうバテバテ。
おもわずタクシーに乗ってしまいました。^^;

運転手さんにも

「こんなに暑い時はバスか車に乗らなきゃ駄目だよ、この暑さでずっと歩いてたら倒れちゃうよ!」

と言われ。(バスを待つのも辛い時があるんだけど)

ほんと、この時期の車って正に「動くクーラー」だわ。

夏バテで気力がないわけではありませんが、笑)

ちょっと前の夫の祖父・アーコンの88歳の誕生日の様子と

今日はその日のことについて感じたことを書こうと思います。^^


akon2.jpg


私らもええ年だし、一応夫婦とも一応ね、失礼のない格好で参加したんですが、
エレベーターの中で、ピママが夫Hを下から上へじ~~っと見たと思ったらボソっと

「・・・・・・アンタ、そろそろ新しい服買わないと!(怒)」

会場についても、皆別に全然たいした格好してなかったからホッとしましたけど。
(義弟なんていつもあのジーンズで出席なのに、何故うちだけ指摘するのじゃ?)
と思ったけど。あはは、あは~^^; 


さてさて、私がアーコンの誕生日に参加するのもこれで5回目になりますでしょうか。
おそらく数え年だろうけど、アーコンは88歳、日本でいうところの米寿を迎えました。
去年アマー(義祖母)を亡くしたばかりで、伯母・伯父達の思いもあったからか、この誕生日は会場もいつもより豪華!!参加者も気分よか~♪

ちなみにお食事は酸っぱいのあり、辛いのあり、あっさり風あり、タイ風あり、、で何料理かよーわからんかんじでした。でも麺はまさに台湾でしたよ。


アーコンの生まれ年を逆算してみたら、1920年の生まれなんですよね。
まさに台湾の歴史、さまざまな時代を経験してきた世代の方だと言えます。
だからかアーコンは常に私とは日本語で喋りますが、最近耳が遠くなってきているからか、なかなか思うように会話が続きません・・・・。

5年前、私の結婚披露宴に来てくれた日本の家族や友人達を前にして、ずっと楽しそうに
日本語でお相手をしてくれたのを思い出します。

日本にいた頃は圧倒的に同じ年代の方だけと接することが多かった自分ですが、
こちらに来てからかなり年配の方とも接する機会が増えて、ちょっとだけ価値観も変わりました。
(日本人だからかもしれないですが)

こういっている私でも、小さい頃から持ち前の気のキツさが原因で、
祖母とも毎日しょうもないことで大喧嘩してました。^^;それが母の
嫁姑関係まで悪化させていたのを知ったのは大人になってからでしたが。。。

(ばーちゃんもばーちゃんで子供相手に毎回本気なんだこれが)

若い年代にはお年よりは頭がカタイとか古い、頑固、気難しいと言われることもありますが、

生きてきた年数が多いほど、「自分が今まで経験してきたことは正解だった、
だからこれで良かったのだ」・・と思ってしまうんだと思います。
これって、「一つの仕事に長く携わった経験」への考えと似ているような。

世代の違い と 時代の移り変わりはかなり比例するとも思うので、
確かに考え方や、価値観も違う世代をいくつも飛び越えて、深い理解にたどり着くのは簡単ではないかもしれません。

「お年寄りを大事にしよう」という標語がありましたが、
むげに大事にしろ!というよりも、人生の先輩として、まずは受け入れる姿勢が大事かな~と感じます。そこから新しい発見があるかもしれないし。

自分も、年々年老いていく日本の両親の話を以前より非常に素直に聞くようになりました。^^;

やっぱり私達にとって時間は限られたものであるし、そして時間は待ってはくれないですからね。

台湾では、親への尊敬もありますが、

親の誕生日のお祝いがこんなに盛大なのは、非常に好感がもてます。^^


にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ いつもご訪問ありがとう♪その他貴重な台湾情報はこちらです^^

人気ブログランキングへ こちらにも参加しました♪お手数ですがどれかポチ~と押していただければ嬉しいです^^

関連記事
2008.06.24 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://realworldtaiwan.blog45.fc2.com/tb.php/306-4f459d77
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。