♦♦♦♦♦♦♦♦♦ 国際結婚で台湾在住、柴犬3匹との台湾生活を綴っています。あっという間に台湾11年。  ♦♦♦♦♦♦♦

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
nonchung01.jpg

霧社地区を後にして、車をぐんぐん上へと登らせると、左右に傾斜を利用したペンション型民宿がとても沢山見えてくる。その殆どの外観が北欧風で、ここ台湾だよね^^;??と思わず自問してしまうくらいの雰囲気だった。

建築中の大型宿泊施設もあり、今後はまだまだ増えそうな予感。眺めもいいし、確かに空気が綺麗で文句なしだね。

ここでまたセブンイレブン(上写真)とレストラン休憩所を発見。露社のセブンから車で数分しか離れていないけど、こんな山の上では近くに店があればあるほど助かるんだろうな。

まさに『開いてて良かった!』といった所か。^^レジのバイトの女の子は何処かの原住民の女の子だった。(凄く可愛いの!)ちなみにここのセブンは海抜1125M地点にあるが、実はまだまだ高い場所にセブンイレブンはあるのだ。しかし、さすが山の上のレストランは値段が高い、麓の二倍だった。(いや台北市より高いかも)
nonchung02.jpg

セブンイレブンを出発し、山頂の手前で私たちが本日お世話になる民宿の看板を発見した。

shiro01.jpg

今回はワンコ連れなので、ネットで動物もOK(でもペット専用民宿ではない)な民宿を探していた所、ここに落ち着いたのだった。
この辺の殆どの宿泊施設は実は動物不可で、おしゃれな高級ペンション等はもちろん断られる。大体、全体でも4~5件くらいしかペット可の宿泊施設はなかったようにと思う。

夫婦二人で高い値段の透天・貸し別荘を借りるわけにもいかなず、今回はリーズナブルなここの民宿を利用することにした。一応、ミルクのベットもトイレも持参し、コロコロ(抜け毛取り)も持ってきて準備は万端だ。

dsc_0161.jpg


可愛らしい山の上の民宿に到着!
ドアの近くで寝ているのは、看板犬の『白熊』こと、白いグレートピレニーズ。
この犬種、図体は大きいけど、子供の頃は生きるヌイグルミと呼ばれている程可愛いのだ。これでもまだ2歳なってないとか。^^;それにこの民宿にはこの他に4匹のグレートピレニーズと猫が二匹もいてるのだ。元々北欧の山脈で番犬として飼われていたというこの犬種、暑い台湾のふもとにいるより、この場所に居る方がいいね。

dsc_0308.jpg
dsc_0288.jpg

オーナーの趣味か、もしくは以前欧米に住んでいたのか、アメリカ系の雑貨小物や写真、そしてクリスマス等のオーナメントと共に沢山おかれていた。可愛い雰囲気!

dsc_0252.jpg
dsc_0247_20080425172814.jpg


メインロードから外れにある一日8組程度しか泊まれないコジンマリとした民宿だけど、看板犬のピレニーズが人気を呼んで週末は連日満室らしい。日本ではないので特別サービスや清潔さに期待はしていなかったものの、これならいいのでは^^ないかい?の第一印象。手前の食堂の上にある山脈がガラス越しに見渡せるマンテンヴューの部屋と、後方にある一段高い場所の別棟のベランダ付きの部屋に分かれている。私たちは後ろの棟に泊まる手筈になっていた。明日の朝日が楽しみだ。


shiro02.jpg

私らは事前に犬が沢山いるのを知っていたものの、当の犬のミルクの方は、イキナリ知らない場所につれてこられ、イキナリでっかい犬に数匹取り囲まれていて、正に「白熊に出会った」心境だったのかもしれない。^^;

柴犬に興味を示したピレニーズ三匹が、ミルに近づいて代わる代わる匂いを嗅ぎだすと、柴特有の巻き尻尾の角度が見る見る下がっていく。今までゴールデンより大きな犬に会ったことがないので最初は怖がっていたけれど、でもそれも数分間だけだった。気がついたら尻尾を振って一緒に遊んでいるミルクがいた。


~どんどん続く~

ランキング参加しています。にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へにほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ一日一回ポチよろしくお願いします
関連記事
2008.03.18 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://realworldtaiwan.blog45.fc2.com/tb.php/259-fc0b530f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。