♦♦♦♦♦♦♦♦♦ 国際結婚で台湾在住、柴犬3匹との台湾生活を綴っています。あっという間に台湾11年。  ♦♦♦♦♦♦♦

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
私が普段、中国語に慣れ親しもうと(旦那からも勉強しろと)使っているPCはもちろん中国語のOS。


で、キーボードもなにからなにまで中国語。まだ理解不能のキーも多々ありますよ^^;
 (しかし夫だけは日本語のPCを使ってる)

このキーボードだと、日本語はローマ字変換で難なく入力できますが、多少記号の位置が違います。

日本ではpinin入力で中国語を入れると思いますが、台湾では『ボポモフォ』といわれる発音記号を使って入力が一般的です。

その『ボポモフォ』とは、アルファベットの右横に小さく書かれてあるもの。

                    keybord


  ㄅㄆㄇㄈㄉㄊㄋㄌ・・・・・・・


カタカナを崩した暗号みたいに見える記号ですよね。^^

一応台湾用に大陸用にと打ち分け入力できるそうですが(やり方知らず)、ボポモフォで最初から勉強していたので、私はもっぱらボポモフォ打ち。

このボポモフォを組み合わせることによって中国語に変換できる仕組みです。

でも、まだ中国語ボキャブラリーも足りないのでちびっとだけしか打てませんがね・・・・^^;

記号の位置も日本規定とちょっと違うので、時々一気に早打ちしていると変な文字になることがありますね。

写真ではさほど日本と変わりないようにみえますが、日本版のように打っていくと必ず 
「あれ?なんかキモチわる~」という指の位置があり苦労しますわ。


こっちに慣れると次は日本のキーボードに戻すのが大変かも。

関連記事
2004.12.01 / Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。