♦♦♦♦♦♦♦♦♦ 国際結婚で台湾在住、柴犬3匹との台湾生活を綴っています。あっという間に台湾11年。  ♦♦♦♦♦♦♦

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
katuouji03.jpg
今回帰省時に10年ぶりに訪れた閑静な住宅街のある箕面(ミノウ)の勝尾寺。

関西以外の方には、なじみが薄い場所ではありますが、かなり由緒あるお寺です。

妹がここで福娘のバイトをGETした事もあって、母達と正月に参拝してきました。ついでにといっては申し訳ないけど、15年ぶりにこの寺に眠る祖父&祖母の墓参りもしてきました。

今度は夫Hも連れていかなあきません。


箕面の山といえば、お寺ではなく、野生の猿が沢山生息していることでも有名。
昔は猿達が食べ物欲しさに車のボンネットに乗って来たり、車を追いかけてきたり、子供から食料を奪ったりと、素行の悪い「ヤンキー猿」としても有名でした。

猿に囲まれ立ち往生している車をよく見かけたこともあるくらいです。汗

 saru02.jpg

なにせここに来るのは久しぶりの事なので、ずいぶん経った今も、相変わらずヤン猿なのかどうかはわかりませんが、車の窓越しに近距離で写真をとっても、愛想一つ無しでしたわ。(笑)

それに絶対に目も合わそうとしないお猿さんを見て、変わらない「ヤンキー魂」を垣間見たような気がします。^^;

昔は 「ここの猿に100円玉を渡すと、自販機に行き自分でジュースを買う」という話が、まことしやかに流れていたのですが、自動販売機が値上げして120円になってからは、とんとその噂をききませぬ。

dsc_0657.jpg
dsc_0664_20080423001705.jpg

寺の中は昔と違って、今風に橋の下からスモークが炊かれているといった演出がされておりました。

先生  『相変わらずここはお金かけてるね!』(一緒に行った美容の先生)
オカン 『そりゃー先生、ここの寺の住職、儲けてるから!(でかい声)』

といった会話がすぐ隣から聞こえてくる。苦笑 

dsc_0673.jpg
ap_20080124030007443.jpg

ここは大阪でもそれほどメジャーじゃないので、新年二日目というのに人もそれほど混雑しておらず、スイスイと楽に参拝することが出来ました。大体近場の方が笹やお札を返しに訪れているようですね。ずんずん坂を上ると、お寺の「勝」という言われから、「勝ち達磨」が多く置いてあるのをみかけました。

勝負事で有名なこの勝尾寺だからか、なんでも達磨がついており、御神籤までもミニだるまがついた「だるま御籤」がありました。でもなんと一回 500円。なんでも「一個一個が丹精込めた手作りだから・・・」ということですが、高いですねえ~^^;

dsc_0679.jpg

パチパチ写真ばっかり撮ってる私を横目に、母はきっちり他の場所にもお参り。

上の写真は地蔵の下の砂を一踏みする「お砂踏み」
踏んで参ることで遠くはなれた四国八十八箇所の霊場を訪れたと同じことになるんだそうです。私も踏み踏み・・・・。
katu01.jpg

母親は信仰厚い人なので、ここまで先祖のお墓参り(夫側の)にもよく足を運んでおり、世代が違うとはいっても、自分はそこまで出来ないのでなんだか偉いなあとつくづく感じます・・・・・・。

そうそう、帰りにコレを買って帰らなきゃね。

dsc_0707.jpg

箕面の猿さんをお土産に持って帰れるという、ベビーモンちゃんせんべい。w



あっちは怖いけど、こっちのお猿は可愛いんですわ。笑



関連記事
2008.02.20 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://realworldtaiwan.blog45.fc2.com/tb.php/238-0405676b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。