♦♦♦♦♦♦♦♦♦ 国際結婚で台湾在住、柴犬3匹との台湾生活を綴っています。あっという間に台湾11年。  ♦♦♦♦♦♦♦

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
最近バスに乗ってぶらぶら台湾(もっぱら台北と桃園)を歩くのが楽しくてしょうがない。
既に何年も住んでるのに、なんで今更なのか自分でもよくわからないけど。

台湾という国は(特に台北)本当に食べることに困らない。
スタート地点から順番に食べていっても、ゴールがないほど小吃店や食堂が切れることが無い。
店の入れ替わりが激しいという事もあるが、在台暦10年の方でも足を踏み入れた事が無い飲食店がウヨウヨあると言っていた。
安い値段でもお腹一杯になる、美味を追求すればそれなりの値段はするがやはり楽しめる、そんな台北も食い倒れの街と言っていいんじゃないかなと私は思うのだ。

今日は綺麗なレストランにちょっと飽きた人にお勧めの餐廳をご紹介。
餐廳といっても、見た目は小吃店だけど。

先々週かな、台湾朋友と忠孝復興で会った食事した時にその友達が「ここ美味しいのよ~」と教えてくれた店。ビルの地下にあるので、ちょっと湿気臭いけど。^^;

もともとそのビル自体、日本の商品や日系(日本風)服飾を売りにしているショップが沢山入っていて、日本の懐かしい玩具をコレクションしている店もあり、自分もチョクチョク足を運んだこともある。

値段設定がこの手の餐廳にしてはちょっと高めだけど、その店の看板メニューである酸辣湯も鮮肉蒸餃(小包籠風)も美味しかった!!(作りたてよ)鮮肉蒸餃はこの前食べたときよりも美味しかったなぁ。
この種の店は、味が変わると直ぐに常連客(昼時に利用する人)から苦情が入るので、まずくなっていくことは滅多に無いのが特徴かな。

この店で特に気に入ったのが この大餅捲牛肉
dsc_0419.jpg
大餅捲牛肉



全~然油っぽくなくて、しかもパリッとゴマも香ばしい。中の味噌ベースのタレと葱、牛肉がとても合っているので、勢いで2本目も食べれそうだ。うん、確実に二本食べれるな、これは。
同行した友人(日本人)もこの大餅捲牛肉が大変気に入ったよう。これは中国大陸の味に近いと言っていた。他の台湾人が同じ物を注文しているのを見ると、既にここの名物らしい。

こういう場所で食べるのが苦手な人もいるかと思うが、せっかく台湾にいるんだから1度くらい試してみる価値はありではないかと思う。

ただし、テーブルはあまり綺麗じゃなく、昼はゆっくり出来ず相席もありえるのは仕方ないこと。

友達と二人でお腹一杯になって、それでも165元(550円くらい)だった。笑

ういたお金で美味しい珈琲店へ行ってそこでゆっくりできた。(でもどうして台湾では珈琲の方がご飯代より高いのだろうね?w)

456.jpg


忠孝復興駅の「時計台sogo」から左沿いに忠孝敦化(敦化南路)へ向かって数分歩いていくと、「NINE WEST」の店が見えてきます。
その店の左右にこのビル(頂好・スーパーではないですよ)の入り口がありますので、階段もしくはエスカレーターで地下一階へ降りるとすぐ目の前。


同じ地下にあるこの店の裏にもう一軒、行列の出来るお店(辛い・大陸系)があり、どちらもお昼時にはこのあたりで働く人で満席。そちらも試してみる価値はありそうだ。
関連記事
2007.12.12 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://realworldtaiwan.blog45.fc2.com/tb.php/223-8404d62a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。