♦♦♦♦♦♦♦♦♦ 国際結婚で台湾在住、柴犬3匹との台湾生活を綴っています。あっという間に台湾11年。  ♦♦♦♦♦♦♦

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
学校が終わり友達とぶらり淡水まで行ってしまった。

淡水河をみながら、河傍の屋台であれ食っちゃうまい、これ食っちゃいいね!と喋っていた私達。

tansui04.jpg




空は一気に夕方色になり、海辺でぼけ~っとなごんでいたら帰りのバスに間に合わない。

さあ帰ろうかと駅までたどり着いたら、淡水駅前に画家の卵や本職の画家さん達が似顔絵商売をしている光景であった。

台北ではそこら中で似顔絵書きの商売をよく見かけるんだな。

なかでも毛筆書きで、素晴らしい似顔絵をかいている男性がいて、一緒にいたお友達と

 「これうまいなあ~眉毛一本一本もばっちしやで!」

なんて彼からは見えないところでコメントしていたら、その絵描きの男性がすくりと立ち上がり、私達に話しかけてきた。

tansui02.jpg



彼の名前は 度魯・DU-LUさん。
大学の美術学科での講師や、漫画家、マスコミに絵画提供したりと、手広く仕事している方らしい。


「あなた達は日本から来たの?旅行なの?」

中国語で質問され、私達も台湾人と結婚してすでに台湾暮らし、中国語を習っているど答える、

「今忙しくないし、この時間空いているので、お二人の絵を描いてあげます。もちろんタダで!」

と度さん。

私達が

「いえいえ とんでもないです!そんなの悪いですよ!」

というと

「本当にいいんですよ^^、ただ、日本のお友達に、ここにこんな絵描きがいることを紹介してくださいね。」

と言われたので、あ、ブログにも書けるし、記念にもなるし、じゃあ書いてもらおうか。。。とお願いすることにした。

この度さん、一緒にいた友達には、

「あなたは日本人ですね~^^すぐ日本人とわかります~。」

と言っていたが、次に私をみてすぐに

「あ、でもあなたは・・・・・・・・・・・何人?w」


(おいおいおいおい^^;)


最近 多いんだよねえ~日本人って言われないことが。(笑)

日本に居た時からも香港やフィリピンから来た人に間違われたり、キャセイ航空でも、私だけ中国語で話しかけられたりするので、もう既に慣れているんですが。^^;


そんなことを私がブツブツ思い出している間、度さんの手はスラスラと滑らかなタッチで勢い良く描いていく。

 tansui01.jpg



最初は鉛筆で下書きをして、次にすばやく毛筆にチェンジする。

毛筆の太さを変えながら徐々に髪の毛を描いていくのはさすがプロだ。

度さんが私達の髪の毛を描くのを見ていると、上から下に向かって書くのではなく、下から頭上に向かって線を書いていることに気が付いた。なるほどね。

針よりも細く書くことができる彼の毛筆使いは素晴らしい。

髪のニュアンスもうまく表現されている。

そうこうしてるうちに、日本人を書いているからか、周囲に野次馬が集まり始めて、私たちの周りにはすっかり人だかりが出来ていた。 これだけでも十分なコマーシャル効果だね。w

皆に自分達の顔と絵とを じ~~~と見比べられてなんか恥ずかしかったけど。^^;


こんな短時間でどうやってここまで二人の頬の特徴やエラの張り具合、そして口角と左右目の大きさなどをつかむのだろう、本当に感心してしまった。

(出来あがった絵の私達は中国風なのかオンラインゲーム風なのか斬新な服装だったが。^^; )

なんだかPCゲームの表紙に乗っているようなそんな感じ。
そう言うと、ゲーム風に描くのも度さんの得意な分野みたいです。

tansui03.jpg


値段は通常一人500元(約1500円)、大体25分くらいで仕上がるそう。

淡水でカップルの時間つぶしにもいいかもしれません。

そんなこんなで、1時間も帰りはおそくなったけど、帰りのバスで中で、隣の人に「こんな臭い物食べて・・」とチラ見されつつも、淡水のするめをかじりかじり桃園の自宅へと無事帰路についた。

にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ ランキング参加中です♪這裡有滿多的台灣情報!
関連記事
2004.11.12 / Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。