♦♦♦♦♦♦♦♦♦ 国際結婚で台湾在住、柴犬3匹との台湾生活を綴っています。あっという間に台湾11年。  ♦♦♦♦♦♦♦

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
うちのピンコママは韓劇が好きだ。リビングで皆が集まっているときにも、自分の好きな番組を見る。
韓劇に興味がない私はぼーっと見ているだけけど、ドラマをはさんだ歌手のPVで目が覚めた。


お!珍しい、仔仔が出てる!


台湾芸能情報からフェイドアウトしつつあった自分だけども、昔はF4ファンだったので久々に周渝民(仔仔)の新曲PVを見たときはなんだか嬉しかった。
39104.jpg


でも画面には

 「我不是F4」  という文字が。

↓↓↓
「え?この人F4じゃないの??」
と突っ込んでしまったけど、これって歌の題名だったんですね。


どうもご本人は常日頃から
「僕は「仔仔」ではない、ちゃんと周渝民と呼んでください。」
とコメントしているみたいで、本人的には未だに出世作、流星花園の花沢類のイメージが強いのを嫌がっているらしいです。(これは木村拓哉がキムタクと呼ばれることを嫌がるのと同じかな?)

台湾の記事によると(11/2訂正部分↓)

この「我不是F4」は台湾の有名歌手の周杰倫(Jay)が作ったもので、元々は

『~我不是F4哈哈,我是個白癡,我不是F4哈哈,我是個笨蛋~』
(僕はF4じゃない ハハ・・ 僕は白癡  僕はF4じゃない 僕は馬鹿)
   
と歌ってあったデモを、レコード会社側に「これは仔仔のイメージにそぐわない」と即効判断され、「特務J(蔡依林(Jolin)」の専属作詞家によって歌詞を今のように書き換えられたそうです。


*そうして出来上がった「我不是F4」の実際の歌詞はこっちです。。 (→我不是F4の歌詞へ)

この歌詞ではF4(F four)とUFOを引っ掛けて韻を踏んでますね。「僕はバカ」よりこっちの方がいい^^;。

大人気スター周杰倫jayがデモで作った歌には、前出したようにアイドルらしからぬユニークな台詞が満載だったらしく、(彼女の大Sも歌詞に出てきたらしいw)それを聞いたご本人も大笑い。
でもこれこそ周杰倫節、「目指せ脱アイドル」メッセージだったのかもしれません。
ま、デモテープ段階でのことなので、ヴィックを笑わせる為のオフザケだった可能性が大ですが。^^;

(でも周杰倫はちょっと変わった歌詞を書くことで有名)



我是F4時代

untitled_20080420015706.jpguntitled2.jpg

我不是F4現在
4060273-1718112.jpg

こう見てみると、昔の彼はいかにも『レモン持って雑誌の表紙に載ってそう』なイメージ。対し今の彼はネクタイまで締めてうって変わって大人風。ドコトナクフケテオッサンポイカモ。。。

MVはいい感じに仕上がってると思いますが、ぶっちゃけPVの初めのシーン服装&サングラスもなんか在りし日の周杰倫(ジェイ)とそっくりです。

自分はどっちかっていうと「僕はF4」時代のかわいい仔仔が好きですが。

彼女の大Sとも安定したお付き合いを続けているみたいで、結婚秒読みか?といわれております。
(追記:このしばらく後に別れたそう)

ちなみに自分はジェリーのファンで、桃園で握手会まで行きましたよ♪
  

追記:10月末に行われたF4ヴィックの新曲サイン会では、サプライズゲストとしてF4の他のメンバー3人(ジェリー&ヴァニス&ケン)も登場!!まさか4人揃うとは!と会場のファンを沸かせた彼らですが、F4が揃ったところで
「僕はやっぱりF4です。 笑」
と、かのヴィっクが締めくくったらしい。^^’どっちやねん 笑

関連記事
2007.11.01 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://realworldtaiwan.blog45.fc2.com/tb.php/205-916768ee
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。