♦♦♦♦♦♦♦♦♦ 国際結婚で台湾在住、柴犬3匹との台湾生活を綴っています。あっという間に台湾11年。  ♦♦♦♦♦♦♦

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
この土日はとっても疲れた!

朝から夜まで本当にバタバタで。。。。。

というのも夫Hの友達の結婚の儀式に車で参加したからなんですね。

私は既に結婚の儀式を終えている身なので、もう、ちょっとやそっとの事では驚かないんですが、今でも日本の身内と当時の結婚式の話をすると 


「いや~あれはすごかったね~面白かったねえ」

と回想話になります。 台湾の結婚というのは日本人にとってそれくらいインパクトが強いんです。



今回参加したのは披露宴ではなく、披露宴前の花嫁お迎えの大事な儀式 「迎娶」 (インチュ)。


台湾の一般的結婚式というのは、まずは占いで日取りと時間を調べ、新婦をお迎えする迎娶儀式と披露宴の両方とも、両人にとって縁起のいい時間を決めてから行われるので、朝早くとも時間厳守で行われるのです。私は朝6時でしたが。^^;

披露宴当日の迎娶では、新郎が花嫁の実家へと偶数台数の車を引き連れてお迎えに行くのですが、この時使用する車は高級車がいいといわれており、ベンツ6台とかBMW8台・・・・なんて具合です。
こっちでは偶数が縁起がいいのですよね。お金もなんでも偶数にしてしまうので日本とは逆ですね。

花嫁の家に花婿が到着すると、爆竹が鳴り響き、花嫁はそこで両親と抱き合い泣きながら育ててくれた感謝をして、新郎につれられて家をでるのです。

そういう意味では「娶る」という言葉に本当の意味で近いようなものがありますわ


この日は午前中に、台北県の五股という場所で集合。

夫Hはマツダの車種の車の会に入っており、毎回そのメンバー内で結婚の話がでると みんなこぞって迎娶に参加したがるのです。  ようは目立ちたがり屋さんが多いってわけだ^^;


参加者台数20台でしたが、みんな同じ車種で赤いリボンをつけ、花嫁の家までいくのはちょっと見もの。

         結婚の儀式


なにせ台数が多いので、途切れることのないように警備隊・誘導係を決めていたように思います。

時には信号が赤なのに進みつづけていて、対抗する車線に誘導係りがお願いして一旦停止してもらい。

            結婚の儀式


これは御めでたい事なら、仕方がない台湾だからできること。


日本だったら警察に届け出ないと色々面倒な事が起こりますよね。^^;

         結婚の儀式

関連記事
2004.10.10 / Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。