♦♦♦♦♦♦♦♦♦ 国際結婚で台湾在住、柴犬3匹との台湾生活を綴っています。あっという間に台湾11年。  ♦♦♦♦♦♦♦

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
日本に帰るまでに、頭を整理しなければならない。

母親といつもお世話になっている母と仕事をしている美容の先生に、台北駐日経済文化代表(以下長いので台北駐日代表に略)に電話をしてもらったのです。

本当にお世話になりました。・・・・


そこで、皆のアドバイスの元、ビザ手続き説明と日本滞在日程スケジュールの最終チェックをすることが出来ました。

この時、私は既に大学の語学センターへ通学していた為、そこでの出席日数の関係で日本で許された時間は合計4日間のみ。

しかも土日を入れなければいけなかったので、たった二日間の平日で諸手続きを全て済まさなければいけない。。。。。

なので無駄なく効率よく回る必要がありました。


これから日本でしなければいけないことは・・

台北駐日代表へいって配偶者用に書き換え可能なビザに変更。


この日他の用事でもパスポートがいるということを配慮してくれた駐日代表のオバサンが、ビザを一時間で仕上げてくれて大幅の時間短縮!感謝^^

台北駐日代表は日本各地にありますが、大阪の担当の方々は総じて優しく、航空券の予約控えしかなかったのにも関わらず(時に怖いが)ビザも比較的早く出来ました。
多分すでに私が顔見知りだったからだと思うけど。。。

そして停留ビザのR(台湾で居留切り替え可能ビザ)に無事変更できたのです。


自分の住民票のある市役所で入籍手続き(パスポート・台湾での戸籍謄本、結婚証明証それぞれ原本・それらの文をすべて日本語に翻訳した用紙にサインと印をしたものが必要)


これは初めての夫との共同作業の翻訳。
戸籍はまだいいが、結婚証明書文自体が中国語の古文のため夫の翻訳も大変だった。まあそこまで気合をいれなくても大丈夫なんですが。

日本の市役所での担当者に、夫と同じく、私の性も中国名にしなければいけないの?と聞くと、
「どっちでもいいですよ~」の返事。それは性を変えるのは自由です。ただ、性を変えてしまうとパスポート等、公的文書全てを変更しなければいけない事や、色んな国で入国官に色々きかれるのも嫌なので、今後も日本では同じ日本名のままにしました。

台湾人との結婚なので新しい戸籍も私が戸籍筆頭・世帯主になります。

そして本籍地はどこにします?と聞かれた際も、どこでもいいのか?ときくと 海上以外の日本で住所があるところならどぉこでもいいですよ!!という返事が帰ってきたので笑ってしまいました。

それなら夫が前に住んでいた東京の住所はどうかと思い、台湾へ電話すると
「大阪でいいよ」といわれたので私が以前一人暮らししてた住所にすることにしました。ここは思い出の地なんですよね。

ただ戸籍に記入する台湾の国名はあたりまえだがなく、

「中国・台湾」が入りました。
(中華人民共和国なんて書く役所がいますが、これは明らかに役所の間違いらしいです。) 

日本の婚姻届でも実感なく入籍。しかも一人ですから。ちと寂しいな・・


新しい戸籍謄本の写しをとる・住民票をとる


新しい戸籍ができあがるまで最低二日は必要です。

さらにその戸籍には台北駐日代表での査証(1800円)が必要なので後日母から郵送してもらうことになりました。


大阪府警に出向き、無犯罪証明を申請。住民票とパスポートコピー・新旧問わず戸籍謄本が必要


無犯罪証明はあらかじめ電話で予約をしておいた大阪府警本部へ出向いて申し込みます。

受付で「無犯罪証明書を取りにきたんです。」と告げ、暫くすると低調な態度係員がきて案内してくれます。
この時、大阪府警は新装したばかりですっごく綺麗でした!
男性に聞いたところ、引越ししたてなのでゴチャゴチャで大変らしい。
でも まさに『踊る大捜査線』のような雰囲気の捜査一課を横目にしたときは、その捜査一課という看板の大きさにびっくりしました。^^;

小さな部屋に通され、最新の指紋取りの機械に指を通し(犯罪歴なくてもどきどきです)、婦警さんと雑談しつつすぐに終わりました。

「さっきも台湾に行く人から問い合わせがあったんですよ~」と婦警さんが言っていたのが気になります。誰かな?
帰りも案内役がついて、厳重な警備のもと大阪府警を後にしたのであります。


すべての支払いの停止手続きや住所変更(国民年金の停止。(年一回) その他市民税の停止なんかは母が。万が一の国民保険のため住民票はおいておくことにした。これらは任意)



台湾にすんでいるけど、家族がいるなら、なんとかして住民票は置いておけます。
自分は日本に帰ったとき病院代に困るからおくことにしました。
もちろん抜いてもOKですよ。



新戸籍謄本の裏に台北駐在代表で査証をおしてもらう(新戸籍がまだできてないためこれも後で実家から郵送)
いちいち何でも証明書類に台北駐日代表で査証がいります。一回1800円くらい。。。高い・・


>⑦無犯罪証明証(英文)をうけとりにいく (これもできあがるに2週間かかるため、私が母であっても委任状を作成して、母が取りにいてってくれました)・・・etc



私は家族のサポートのおかげもあって、こんなに少ない日程で手続きを済ませられましたが、これが自分一人だと、おそらく後2~3回はいったりきたりを繰り返すさなきゃいけないことになります。

なので日程に応じて、場所と所要時間を考えながら動き、用意周到にしておかなければなりません。


でもこの後、まだ台湾に帰ってからのビザ続きがあるのですねえ。汗





関連記事
2004.10.30 / Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。