♦♦♦♦♦♦♦♦♦ 国際結婚で台湾在住、柴犬3匹との台湾生活を綴っています。あっという間に台湾11年。  ♦♦♦♦♦♦♦

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
最近お腹の調子がどうも悪く、季節柄かどうやら数日前に食べたランチにあたったらしく、お腹が下ったり上がったり。汗

とにかく病院で見てもらった方が早いと、近場の総合病院に連れて行ってもらった。

ネットで予約し、早めに到着したにも関わらずやっぱり1時間以上の待ち時間。
どこの国でも例外なく公平に待たされるのはいいことなのか悪いことなのか。

台湾の総合病院と言えば、大抵は待合室が老若男女交えた人でごった返していて、
国柄か時期柄か、消化器系胃腸科等は人も多く待ち時間が長い。

今回はできるだけ時間を節約するために「家医科」でお世話になってみた。

家医科とは、いわゆるホームドクター(family doctor)ともいえるだろう。
遺伝的や比較的よく見られ、慢性的な疾病(頭痛、痛風、糖尿病、高血圧、高コレステロール、便秘、下痢等、全部)を診てくれる医師が常駐している。

今回は軽い食あたりだろうと言う事がわかっていたので、あえてこの科で診てもらうことにした。
普通に胃腸科にとか行くと2~3時間は待ち時間がかかるからなあ。

先に血圧と体重を量っておいて、診察してもらうのだけど、血圧は 123/90で体重も前よりちょっと増えていたのが悲しい。(お腹下しているのに・・・汗)

医師は病名は告げず、電子カルテに英語で、私がどこの店でお昼を食べたのか、店名をリアルにカチャカチャと書き連ねながら

「刺激物や冷たいものは暫く禁止ですよ~暑いからって いきなり食べないように。・・・まだお腹痛いなら注射していく?」

と言われたので、さっさと軽く注射してもらい(病院慣れしている自分)その後、大量の薬をもらって、寄せては返すお腹の波もなんとか落ち着ついた。

      5555.jpg

台湾の総合病院では西洋医師の他に中医師(東洋医学の医師)もおり、薬局もそれぞれ二種類に別れている。

漢方は体質改善しながらゆっくりと効いてくるので即効性を求める人には不向き、でもほんとは体の為を思って副作用の少ない漢方を選びたいのだが。

病院は通常一日がかりになるけれど、コンビニもフードコートも本屋もファーストフード店も中に揃っているので退屈しないのが台湾の病院のいいところでもある。

にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ
関連記事
2007.06.26 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://realworldtaiwan.blog45.fc2.com/tb.php/177-027dcc6b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。